コスメ

美容業界で話題のV3ファンデーションは効果なし?美容ナースが解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

美容業界で話題になっているV3ファンデーションをご存知ですか?

インスタなどを中心にSNSで話題のファンデーション

今年、売れに売れているファンデーションです!

肌のコンディションを上げながら、エイジングケア(年齢に応じたケア)と色補正。

そしてハリケアを叶える治療系ファンデーションとも言われています。

天然針水光注射とも言われ、販売されてもすぐに完売してしまう

V3ファンデ『スピケア』

爆発的人気のV3ファンデーションは本当に効果があるのか?

V3ファンデーションの美容成分の見方など解説しています。

是非参考にして下さい。

スポンサードリンク



V3ファンデーションとは

いまネットでも話題になっている爆発的人気のファンデーション・スピケア

ラッシュアディクトやリップアディクトなど、

数々の海外コスメを日本中に広め、どれも凄い結果を出した会社、

ISKIN社がオリジナルで作ったもの。

 

V3ファンデーションには、HARI(針)が入っていることが他にない特徴です。

エステや他コスメにも使用される海綿からとれる天然の針が使用されています。

天然針に美容成分を注入&コーティングされたものが、

肌の基底層に届いて、48時間から最大72時間、有効成分が肌に届けられるので、

メイクしている間も肌に美容成分を浸透させて

細胞を活性化するというもの。

肌がきれいになると同時にリフトアップも期待できるファンデーションです。

ファンデーションの中にHARI「針」?

V3ファンデーションの中に本当に針が入っているわけでは無いです。

ファンデーションを塗ってチクチク感もありませんし、

普通のファンデーションを塗っている感覚です。

針と表現されているものは、『スピキュール』と言われるもので

『スピキュール』は、海の生物・海綿から抽出された天然針の総称で、

昔から美容の世界では使われています。

イノスピキュールに有効成分を充填・コーティング

純度の高いイノスピキュールには、その1本1本に無数の孔があいています。

海綿から抽出した0.2mmの天然針が含まれていて、

その針に開いている無数の穴に、有効成分を含ませて、

さらに臍帯血細胞培養液でコーティングされています。

イノスピキュールが肌に到達した後は、最大で72時間、有効成分が肌に届けられます。

有効成分を肌細胞に届け終えた後のイノスピキュールは100%体外に排出されるため、

安心して使用できます。

 

<臍帯とは>

臍帯とは赤ちゃんと母胎を繋ぐへその緒

臍帯を流れる臍帯血には幼若細胞などが含まれています。

 

<臍帯血幹細胞培養液>

臍帯血を培養した臍帯血幹細胞培養液には

成長因子として有名なEGFなど89種類のペプチドの有効成分が含まれているため

高い美容効果が得られます。

 

※V3ファンデーションは『スピキュール』ではなくイノスピキュール』が使用されています。

スピキュールとイノスピキュールの違い!

<スピキュールとは>

海の生物・海綿から抽出された天然針のことです!

約60年前から医学や美容にかかわる素材として使用されています。

スピキュールが適度な刺激を肌に与えて活性化させます。

<イノスピキュールとは>

スピキュールの進化バージョン。

10段階を経る「低温高圧酵素分解法」を用いて、

限りなく100%に近い純度のスピキュールの精製に成功したものです。

大きさは0.2ミリと均等な状態の、有機物がいっさい残留しない

シリカのスピキュールは肌を心地よく刺激して活力与えます。

※イノスピキュールの最大のポイントは有機物が一切入ってないことです。

V3ファンデーションで期待できる効果

・シワ・たるみの改善
・美白・保湿
・毛穴ケア
・小顔・輪郭矯正
・リフトアップ効果
・肌活性化・肌再生作用
・抗酸化作用
・免疫活性
・色素沈着抑制
・バリア機能強化
・色補整

滑らかな使い心地とカバー力

厚塗りにならずシミ・くすみなどが綺麗にカバーできます。

V3ファンデーションは1種類の色しか無いです。

製品の使用後約10分たつと肌になじみ、自然なカラーが演出されます。

配合された「セブームP-コンプレックス」が肌質に合わせて

皮脂量をコントロールします。

この働きにより、どんな肌質の方にも適度なツヤ感を与え美しく健康的な肌を演出します。

ただし、濃いシミは隠せません。

肌に優しい6つのフリー

化学的な防腐剤は使用せずに、できるだけ肌に優しいことに

こだわって製造されています。

①タルク

②フェノキシエタノール

③パラペン

④鉱物油

⑤アルコール

⑥ベンゾフェノン

上記の防腐剤は一切入っていません。

スポンサードリンク



美容成分(有効成分)の見方

<V3ファンデーションの全成分>

水、PG、酸化チタン、メトキシケイヒ酸エチルへキシル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、スクワラン、エチルヘキサン酸セチル、ジメチコンセチルPEG/PPG-10/1、ジメチコンサリチル酸エチルヘキシル、フェニルトリメチコン、アルブチン、マイカ、ホホバ種子油、リンゴ酸ジイソステアリル、酸化亜鉛、セスキオレイン酸ソルビタン、ジステアルジモニウムヘクトライト、硫酸Mg、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG-100、マイクロクリスタリンワックス、ミツロウ、ヒドロキシアセトフェノン、パンテノール、酸化鉄、ステアリン酸Ca、アロエベラ液汁、マンニトール、ナイアシンアミド、ヒト臍帯血細胞順化培養液、ヒアルロン酸Na、グンジョウ酢酸トコフェロール、ハイドロゲンジメチコン、アラントイン、アデノシン、加水分解カイメン、トリエトキシカプリリルシラン、ダイオウショウ葉エキス、ウルムスダビディアナ根エキス、メマツヨイグサ花エキス、クズ根エキス、ニコチノイルジペプチド-22、ヘキシルシンナマル、ブチルフェニルメチルプロピオナール、シトロネロール、リモネン、香料

<全成分表示の法律に沿ったルール>

① 全ての配合成分を記載する
② 配合量の多い順番に記載する
③ 配合量が1%以下の成分は、それ以下は順不同で記載できる
④ 着色料は配合量に関わらず、末尾にまとめて記載する

全ての化粧品の容器や箱には成分を表示することが義務づけられています。

化粧品で配合成分は多い順に記載されています。

また1%以下の成分は順不同に表示されます。

1%の目安となる成分とは?

・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・植物エキス
・増粘剤
・防腐剤
・酸化防止剤
・キレート剤
などが挙げられます。

特に解りやすいのが

・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・植物エキス です。

V3ファンデーションの成分を分析してみた。

成分表からみると保湿成分が初めにきてます。

油分はトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルとスクワランと

エチルヘキサン酸セチルで構成されており、

シリコーンなどの皮膜力の高いベースではありません。

有名なのがスクワラン・・・うるおいを保つ成分、

リンゴ酸ジイソステアリル・・・保湿効果

アルブチン・・・美白成分も入ってます。

順番に見ていくと美容成分が結構豊富に配合されているようです。

「パンテノール」「ナイアシンアミド」「ヒト臍帯血細胞順化培養液(※幹細胞エキスの一種)」

「アデノシン」辺りは、肌の活性を促すタイプの美容成分で、

入っていると嬉しい成分です。

しかし

メイクアップアイテムにはこういった美容成分はそう多くは

入れられないので、効果はありますが、凄くあるのではなく普通くらいのものです。

アラントイン・・・組織修復賦活作用

幹細胞系の化粧品にはたいてい「アラントイン」入っています。

「アラントイン」は肌荒れ防止などの効果があり、

これは医薬品のキズぐすりとかにも使われている成分で、

細胞修復効果の高い成分です。

アラントイン成分の方が実感できると思います。

 

「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」は紫外線吸収剤

 

「酸化チタン」は紫外線散乱剤

散乱剤と吸収剤を上手に配合したハイブリッド系のファンデーションです。

SPF37/PA+++なので、 日常使いには十分です。

 

「酸化亜鉛」は紫外線防止剤です1%以下で入っているので

亜鉛の金属アレルギー持ちの方はご注意ください。

他に有名なのが、(1%以下)

トウニレ根エキス・・・炎症を治めて、毛穴菌を抑制

ダイオウショウ葉エキス・・・抗菌作用、毛穴の中の菌抑制

月見草エキス・・・皮脂分泌、及び毛穴が広がる要因を予防

葛根エキス・・・活性酸素抑制効果で、皮脂分泌抑制

など

有効成分は十分入っています。

V3ファンデーションは効果なし?

V3ファンデーションが1番の売りは「針」ですね。

これは、成分名としては「加水分解カイメン」というものです。

海の生物「海綿」を原料に作られている針状結晶物質です。

この針状結晶が、肌に触れた際に皮膚の内部に入っていく

との事ですが・・・

これについては正直根拠はかなり薄いと思います。

そもそも配合量がすごく少ないです。

(配合順的に見ても1%以下)

広告の資料に「0.2mm」と書いてありますが、

0.2mmって目に見える大きさです。

実際には「加水分解」という化学反応によって

かなり微小なサイズに分解され、使用感に影響しない加水分解カイメンを

配合しているのではないかと思われます。

 

実際、針の刺激はありません。その分安全に使用できます。

加水分解カイメンに美容成分をコーティングしても

角層表面に刺さって終わるので肌の内部に浸透させることなどは・・・

不可能だと思われます。

針が刺さって成分を浸透と言う表現は、法律上化粧品には出来ないのでは・・・

肌は、表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」と3層状に分かれています。

厚さは部位によって0.6mm~3mmと異なっていて均一ではありませんが、

平均すると2mm程度。その中で表皮は、わずかに0.2mm程しかありません。

しかも表皮はさらに4層に分かれ、表皮の一番外側に位置する角質層は、

たった0.02mmしかありません。

 

美容クリニックが、

針を使ってアンチエイジングが出来る有名な施術で言えば、

水光注射やダーマローラーがあります。

 

水光注射は微細な針を使って肌全体に有効成分を注入させるものです。

下記に詳しく書いています。

※最新美容医療!美容皮膚科で人気の水光注射のリスクと価格

ダーマローラーは針が付いたローラーを肌に転がして

穴をあけ美容成分を浸透させるもの。

下記に詳しく書いています。

※ニキビ跡から妊娠線まで治せるダーマローラーの使用方法

0.2㎜からありますが、針ですのでチクチクします。

針の長さが長いほど、チクチク感も強いし出血もします。

 

●V3ファンデーション(スピケア)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(#^^#)

スポンサードリンク




にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村


美容皮膚科ランキング


アンチエイジングランキング

日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
良かったら応援してください(#^.^#)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサードリンク

follow us in feedly

検索

RSS 最近の投稿

コメントを残す

*