アンチエイジング

しわ、たるみにPRP皮膚再生療法をしたいと思っている人!効果と価格とリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

しわ、たるみには、ヒアルロン酸が有名ですが、

近年、PRP皮膚再生療法によるアンチエイジングが話題を呼んでいます。

以前、PRP療法は効果が見られないと言われる事もありましたが

成長因子を含まないPRPでは、採取した血小板の質によって効果の現れ方が異なり、

十分な効果が得られないといった失敗・リスクがありました。

PRP療法も改良をくり返しながら進化を続け、

PRPがしわ・たるみ・凹み・アンチエイジングの効果が高いなどから

成長因子等を含んだ、PRP皮膚再生療法が主流となっています。

PRP皮膚再生療法とはどんなものなのか、PRP療法と何が違うのか

リスクや価格など解説しています。

是非参考にして下さい。

スポンサードリンク



PRP皮膚再生医療とは

自分の血液から抽出した血小板を多く含む多血小板血漿を注入して、

皮膚の再生、若返りを図る美容医療です。

PRPとは多血小板血漿のことで、血液の中の「血小板」を多く含んでいる成分です。

血小板は、人間の体の中で血を止めたり、壊れた血管や細胞を治す働きをしています。

血小板の中には、血管新生、線維芽細胞活性化、コラーゲン産生などを

助けるさまざまな「成長因子」が含まれています。

これらの成長因子により肌のしわやたるみを改善し、

肌を若返らせるのがPRP皮膚再生療法です。

整形外科分野では肘や筋肉の損傷部位の治療などに、

歯科口腔外科分野ではインプラント埋入前の骨生成を促す治療などに

それぞれ利用されています。

PRPに含まれる成長因子の種類

●FGF(線維芽細胞増殖因子)

人体で作られるたんぱく質の一種。

気になるシワやくぼみに注入されることで、

真皮の線維芽細胞を増殖し、新たなコラーゲン線維の生成を促進します。

●PDGF(血小板由来増殖因子)

細胞の増殖、ターンオーバーを促し、肌を整え、血管新生、

創傷治癒を促進する働きが期待される因子です。

●VEGF(血管内皮細胞増殖因子)

血管内皮細胞の増殖、血管新生の効果があります。

●TGF-β(トランスフォーミング増殖因子)

ベータ型変異増殖因子と呼ばれ、組織発生、細胞分化、

胚発育において重要な役割を果たします。抗炎症効果があります。

●IGF-1(インスリン様増殖因子)

インスリン様増殖因子と呼ばれ、細胞の増殖を促します。

●EGF(上皮増殖因子)

皮膚(表皮)の細胞成長を促す働きをします。

往来のPRP療法と進化し続けるPRP皮膚再生療法の違い。

PRP療法はPRPを単体で注入するタイプのPRP療法と、

成長因子や白血球などを添加することでより高い効果を狙うタイプのPRP療法の2つがあります。

往来のPRP療法はPRP単体で注入するタイプ(成長因子を添加されていない)なので

抽出した血小板の濃度にも浅いシワの改善には有効でしたが、

深いシワの改善は困難でした。

進化したPRP皮膚再生療法では、

自身のPRP(血小板)と、それに不足している成長因子をあわせて注入することで

深いシワやくぼみ、頬の痩け、しわ、ほうれい線、目のクマ、くぼみ、たるみなどの

加齢による悩みを徐々に改善し、自然な若返りが可能となります。

高い効果を出すために重要な要素は、注入する血小板の濃度にも関係性があり、

往来のPRP療法と比べるととPRP皮膚再生療法は、

血小板の濃度を数倍に濃縮されています。

PRP皮膚再生療法はこんな方におすすめ

  • 目の下の凹みやちりめんじわが気になる
  • 眉間のシワや小ジワが気になる
  • ニキビ跡を改善したい
  • 目の下のクマやくすみが目立つ
  • シワやたるみを改善したい
  • ゴルゴライン、法令線が気になる
  • 自然に若々しい肌を取り戻したい
  • 首のシワ・手の甲のシワを改善したい
  • 薄毛が気になる

自己の血液を特別な方法で分離し、血液成分の中でも創傷治癒に効果的と

いわれる成長因子 (主にFGF、PDGF、TGF-β、IGF-1、EGF等)が

豊富に含まれる成分を、気になる部位へ注入し、

しわ、ほうれい線、目のクマ、くぼみ、たるみなどの加齢による悩みを

徐々に改善し、自然な若返りが可能となります。

また、顔以外にも年齢が出やすい手や首のシワ、薄毛治療にも効果的です。 

PRP皮膚再生療法の適応部位

<しわ>

おでこ、目の下、ほうれい線、マリオットライン、眉間、ゴルゴライン、頬、鼻下、首、手

<凹み・痩せ>

おでこ、目の上、目の下、こめかみ、ほうれい線、頬

<たるみ・クマ>

目の下

<薄毛治療>

頭皮にうちます。

PRP皮膚再生療法を受けれない方。

●妊娠中、妊娠の可能性のある方、授乳中の方
●悪性腫瘍の既往がある方
●ガンの診断を受けている、またはガンの可能性がある方
●B型肝炎、C型肝炎など感染症のある方
●血液が固まりにくくなる薬を服薬中の方
●心臓病や脳梗塞の既往歴のある方
●肝臓疾患をお持ちの方
●血液検査の結果、血小板数の異常がある
●ステロイド剤を服用している
●患部に細菌感染を伴っている

※カウンセリングの時には、自分の飲んでいる薬、サプリメント、

既往など必ず伝えて下さい

ダウンタイム・リスク・副作用

PRP再生医療法で治療後は通常ダウンタイムがほぼ無く、

その日から仕事も出来る状態ですが、

注入後にまれに治療後に局部の内出血、発赤、腫脹、一過性色素沈着などが

起こりうる場合があります。

万一のこれらの症状は1週間程度で消失します。

※痛みやダウンタイムは個人差があります。

 

治療後1週間程度は皮膚再生が始まる為 、

表皮の古い角質ががはがれ落ちていく原因で、

皮膚のざらつき感が出現する場合がありますが、長くても1ヶ月程度で消退します。

(皮膚再生による古い角質が剥がれ落ちていく為 効果が現れてると思ってください)

ご自身の血液を利用するため安全性が高く、副作用の心配がほとんどありません。 

スポンサードリンク



PRP皮膚再生療法はクリニック選びが大切

<PRP皮膚再生療法をする前に知っておくこと!>

●効果には個人差があります

治療効果は1~2週間程度で徐々に現れ、3ヵ月後くらいまで活発に

組織の再生(コラーゲンの生成etc…)が行われます。

そして3ヵ月後には新しい肌に生まれ変わります(最大効果)、

その効果は、個人差はありますが最長3年以上持続します。

●1回の注入で効果が持続する期間は1~3年程度で、

長期的な効果を得たい場合は、定期的にPRP療法を受ける必要があります。

●PRPの精製(採取した血液を遠心分離してPRPを採取する)の方法が

クリニックによって異なるため、治療効果や持続時間に大きな差があります

(※誇大広告に気をつけましょう)

<痛み・腫れ・内出血の可能性がある>

多少は腫れは出ます。

とくに、皮膚の薄い部分は腫れやすい箇所ですが、

1週間程度で分からなくなります。注射跡が内出血する可能性もありますが、

治療後にクリニックが冷却するなどのケアを行っていれば、化粧で隠せる程度です。

施術時の痛みに関しては、麻酔で対応できます。

<即効性の効果はない!>

ヒアルロン酸に比べて治療に即効性はありません。

PRP皮膚再生療法は、数ヶ月かけて自然と肌を蘇らせるのが特徴です。

その上、PRP皮膚再生療法は線維芽細胞療法に比べると効果がゆるやかで

わかりにくい治療法ではあります。

しかし、どの施術でも共通して言えますが、

注入する場所、適切な量など同じ治療法でも医師の技量による効果の差は大きくあります。

また、PRPの抽出時も精度の高い作業が必要になるなど、

使用される遠心分離機によっても違いが出ます。

<しこりが出来てしまった!>

PRP療法で、シコリができてしまうのは、いくつかの理由があります。

注入量に問題がある:正式なキットを利用せずにトラブルを引き起こしている、

成長因子に人工的な添加物を混ぜている。

また、過度に注入しすぎたり、濃度の調整を誤ることで、

組織の再生が予想を上回り、注入した箇所に過剰に膨らんでしまう場合があります。

その場合、数ヶ月程度で元に戻ることもあれば、

コラーゲン繊維が永久的に残った結果、しこりとして残存してしまうこともあります。

症例数の多いクリニックが正式な手順を踏めば、ほとんど起こり得ないことです。

こんな美容クリニックは避けましょう。

●形成外科専門医ではない

●カウンセリングで良いこと(メリット)しか言わない

●美容外科学会で発表していない病院。

●モデルを勧誘している

●ほかの医師からの評価が低い

 PRP療法を受けたいと思った時のクリニック選び方

※日本形成外科学会専門医であり、かつ「日本美容外科学会(JSAPS)」の

「正会員」である医師を選んで下さい。

※価格や宣伝に惑わされないでください。

※施術前に「納得するカウンセリング」を必ず受けて納得できなければ、

違うクリニックに行ってください。

※クリニックでされたPRP皮膚再生療法の症例数の多い画像をのせている

美容クリニックを選んで下さい。

PRP皮膚再生療法の価格

自費診療なのでクリニックによって価格は異なります。

また、注入する部位や、成長因子を含むタイプなのかどうかに

よっても費用は異なりますが

PRP皮膚再生療法は1回あたり20〜50万円くらいが相場です。

★ヒアルロン酸注入

だいたい半年~1年程度の持続期間。相場費用は10万前後。

★PRP注射(成長因子を含まない)

だいたい1年程度の持続期間。相場費用は20万前後

★PRP注射(成長因子含む)

だいたい3年~長くて5年程度の持続期間。相場費用は30万前後。

ナース美奈子のまとめ

目の下のクマ、凹み、シワに関する治療方法は沢山あります。

PRP皮膚再生療法もその一つです。

PRP療法は自分の血液を採取し成長因子を気になる箇所に注入することで

皮膚が再生され、アンチエイジングが出来る夢のような治療方法ですが、

良い事ばかりではないです。

クリニックによってPRP+それに不足している成長因子をあわせて、

注入するところが主流ですが、

クリニックによって成長因子を添加していない所もあります。

成長因子を添加しているクリニック、添加しないクリニック、

それぞれ医師の考えがあります。

また、

何度も言いますが、PRP注射は施術する医師の技術差が出やすいです。

FGFの量が多すぎる(PRPの血小板濃度を測らずにFGFを混ぜている)と

膨らみ過ぎてしまったり、目的な箇所とは違ったところに効果が出てしまったり、

しこりができてしまったりなどトラブルが起こる事があります。

PRP皮膚再生治療は正確・厳格な管理などが必要ですので

クリニック選びを間違わなければ、1回の施術で効果があります。

安心して治療を受けられるようにクリニック選びは慎重に行ってください。

最後まで読んで頂きありがとうございました(*^▽^*)

スポンサードリンク




にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村


美容皮膚科ランキング


アンチエイジングランキング

日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています

良かったら応援してください(#^.^#)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

follow us in feedly

検索

RSS 最近の投稿

コメント

コメントを残す

*