汗・におい

1回の使用で最大5日間ワキ汗・臭い解消?絶大な人気の医療用制汗剤パースピレックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

夏は汗をかきやすく汗のにおいも気になる季節です。

いくら気をつけていても、気が付いたらワキ汗がびっちょり

ワキ汗がひどいと、服に汗ジミができて恥ずかしいだけでなく、

臭いも気になり、さらに周囲の目が気になって、

学業や仕事に集中できないと悩まれる方が増えてます。

これまでの対処方法として制汗剤やデオドラント剤を使用した方も多いと思います。

しかし、制汗剤やデオドラント剤は効果の持続時間が短いため、

わき汗・手汗・足汗・ワキガ・足のにおい などで悩まれている方は

こまめに拭いたり、何度も塗りなおしたりと手間もかかって

面倒と思っている方もいます。

今回は、デオドランドと制汗剤の違い、

医療用制汗剤パースピレックスは何故効果があるのか?

正しい使い方、価格やリスクなど解説しています。

ワキ汗・臭いが気になっている方は是非参考にして下さい。

スポンサードリンク




制汗剤とデオドランドの違い

デオドラントと制汗剤は別物です。

簡単言えば、

デオドラントは雑菌の繁殖を防いで汗のニオイを抑えるもの、

制汗剤は汗を一時的に減らすものです。

 

汗の臭いは、皮膚表面に存在する細菌が汗の成分を分解することによって生じます。

デオドラント剤の大部分は汗を止めるものではなく、

臭いを隠すだけの香料により、皮膚の常在菌が発生する臭いを一時的に中和するものです。

 

制汗剤やデオドランドにはロールオンタイプ・スプレータイプ・

クリームタイプ・スティックタイプ・拭き取りタイプなど形状は様々あります。

汗の多い人は制汗成分が含まれるもの、

体臭が強い人はデオドランドでも香りが汗のニオイと混ざらない、

無香料タイプのものなど自分の肌質や体質に合ったものが売られています。

汗のにおいの原因

汗は元々無臭です。

全身のいたるところに「エクリン腺」という汗腺があるのですが、

ここから出る汗はほとんどが水分で、においの原因である物質は含まれていません。

汗をかいたときの嫌なにおいは、汗そのもののにおいではなく、

におい物質を生み出す細菌がいて、その細菌が汗や皮膚の汚れをエサに、

独特の汗のにおいを発しているのです。

 

エクリン腺とは別の汗腺に「アポクリン腺」があります。

アポクリン腺は、脇の下など体の限られた部分に存在する汗腺で、

毛包という毛根を包む袋とともにあります。

 

アポクリン腺から出る汗は毛に沿って分泌されてますが、

アポクリン腺から出る汗に含まれる成分には

タンパク質、糖質、脂質、アンモニアなどが含まれており、

細菌のエサになりやすく、ニオイのもととなる物質を多く含んでいて、

皮膚表面に存在する細菌が汗の成分を分解することによって、

特有のにおいが発生するのです。

パースピレックスとデオドランドの違い

●汗を止めればにおいは減ります。

汗の臭いは、皮膚表面に存在する細菌が汗の成分を分解することによって生じます。

デオドラント剤の大部分は汗を止めるものではなく、

臭いを隠すだけの香料により、皮膚の常在菌が発生する臭いを一時的に中和するものです。

 

パースピレックスは塗るタイプの制汗剤(医薬品)です。

塩化アルミニウム溶液の作用により長時間効果が持続する新しい制汗剤です。

汗を抑えたい部位(わきや手)に塗布することで、

主成分の塩化アルミニウムが汗腺内の水分と反応し、

汗腺深部に角栓を作り「フタ」をする事で汗の産生を抑制します。

この栓は数日後に自然に消退しますが、効果は長く続きます。

 

市販の制汗剤の発汗抑制が20~30%なのに対して、

パースピレックスの発汗抑制は65%!

角栓は、皮膚のターンオーバーによって排出されますが、

それには数日かかるので、効果の持続時間は5日間。

パースピレックスの作用機序

 

①アルコールベースの塩化アルミニウムと乳酸成分によるパースピレックス溶液を塗布する。

②主成分の塩化アルミニウムが汗腺内の水と反応する。

③腺内深部に角栓を形成し、汗腺を密閉し、汗の産生を一時的に中断させる。

④皮膚表面の死んだ細胞の剥離で角栓が排出され、汗腺が再活性化する。

※①~④の過程は2~7日周期で生じるため、

パースピレックス・ロールオンタイプ(脇用)、

パースピレックス・ローションタイプ(手足用)は

週に1~2回の使用で発汗を持続的に抑制します。

パースピレックスの主要成分およびその作用

パースピレックスはエタノール、塩化アルミニウム(主成分)、

乳酸成分およびその他の化粧品成分を含有します。

●エタノール

水を含まないエタノール製剤です。

このため、形成された角栓を汗腺内の「より深部」まで運び、維持することができます。

市販されている他の制汗剤のほとんどは水を含有しており、

そのために塩化アルミニウムと水の反応が誘発されて塩酸が生成され、効果が低減します。

●塩化アルミニウム

汗に含まれる水と反応して死亡した角化細胞と複合体を形成し、

汗腺の「栓」となって汗腺を一時的に塞ぎ、汗の産生を中断させます。

●乳酸成分

刺激を予防し、敏感な皮膚領域の不快感を小さく抑え、

制汗作用を高める緩衝剤として作用します。

ロールオン(ワキ用)は乳酸カルシウム

ローション(手足用)は乳酸アルミニウム。

パースピレックスの特徴

パースピレックスの作用は長時間持続性であり、

ロールオンタイプ(ワキ)は1回の使用で3~5日間、

ローションタイプ(手足)は3日以上、汗と臭いを防ぎます。

国際的に認められている制汗剤分類(米国FDA)では、

製品を「制汗剤」として分類するためには、20%の発汗抑制が得られなければなりません。

30%の発汗抑制が得られる場合、「Extra effective(極めて効果あり)」

として分類することが可能となります。

特許取得済のパースピレックスは、

使用ごとに65%の発汗抑制が72時間以上持続することが実証されています。

パースピレックスはこんな方におすすめ

・ワキや手足の多汗症、軽度のワキガにお悩みの女性や男性
・今までの制汗剤・デオドラント剤では塗り直しが必要な方
・仕事柄、外回りが多い方
・スポーツなどアクティブな趣味を楽しまれる方
・濃い色のシャツやカットソーの汗ジミが気になる方
・ボトックス注射による多汗症治療に抵抗のある方

スポンサードリンク




パースピレックスの使い方

①汗腺の活動が低下し、角栓が作りやすい夜間に使用してください。

シャワーや入浴で身体の汚れを落として、しっかり脇などは乾かしたあと

就寝前に「パースピレックス」を気になる患部に塗布します。

※夜間は汗腺の活動が低下し、パースピレックスによる角栓が作り易くなります。

そのため、就寝前の塗布が効果的です。

②パースピレックスが完全に乾くのを待ってから

衣服を着用してください。

乾くまでの時間を短くしたいというときは、ドライヤー(冷風)や扇風機などの

風を当てても大丈夫です。

※ 手の平の制汗目的以外でローションタイプを塗布した場合は塗布後、

手をよく洗ってください。

③翌朝、塗布したパースピレックスを濡れたタオルや

汗取りシートなどで拭き取ってください。

※塗りなおしの必要はありません。

④効果の出るまでの一週間は毎晩塗布してください。

効果が出はじめたら週2~3回の塗布にします。

※敏感肌の方は1日おきに2週間、塗布してください。

pp01

パースピレックスの副作用

パースピレックスにはエタノールが配合されているので、

アルコール過敏症の方は使用する前に医師の診断を受けるようにしましょう。

パースピレックスの使用による重度の副作用は確認されていません

 

パースピレックスは副作用が起きにくいように工夫されていますが、

それでも皮膚に違和感を感じる方がいます。

具体的には、皮膚の痒み(かゆみ)・かぶれ・刺激感(ヒリヒリ感)・

炎症などの副作用が起こる場合があります。

パースピレックスの副作用は1回目や2回目の使用時に特に感じやすく、

それ以降は肌が慣れてくる人が多いようです。

※塩化アルミニウムはたしかに痒くなりますが、

かゆみの程度には個人差があります。

●それでもかゆみが出る場合

ロールオンを直接ワキに当てるのではなく、

コットンなどに吸わせて間接的に塗るのがおすすめです。

またコットンにあらかじめ水を含ませておけば、

濃度が薄まって痒みを軽減させることができます。

※薄めて使うには効果が弱まってしまいますが・・・

パースピレックスの注意事項

・剃毛・脱毛後48時間は使用しないでください。

・目に入れたり、粘膜に触れさせたりしないでください。

・塗布直後に着用する衣類が、色落ちしてしまう可能性があります。

・宝飾品や貴金属への接触を避けてください。

・まれに、炎症やアレルギー症状を呈することがあります。その場合は使用を止めてください。

・子どもには使用しないでください。

・傷のない乾燥した肌に塗ってください。

・朝に洗い流した後、再塗布しないで下さい。

・シェービングやワックスをした後にご使用しないで下さい。

・お肌に合わない場合は、ご使用をお止め下さい。

・ご使用後、ふたをしっかりしめ、液体が漏れないようにして下さい。

・室温で保存するようにしてください。

何処で買えるの?

医療用制汗剤(医薬品)なので一般では買えないのが普通ですが

yahooショッピングや楽天から購入することが可能です。

Amazonは今は購入できないです

※海外商品のため、個人輸入代行サービスショップが販売しています。

<美容クリニック・美容皮膚科クリニックでの価格>

●ワキ用ロールオンタイプ 大体4500円前後(税抜)/20ml

●手足用ローションタイプ 大体5000円前後(税抜)/100ml

※ネット購入はクリニックで買うより半額以下の値段で購入できますが

医薬品なので自己責任でお願いします。

パースピレックス・コンフォート ワキ用 敏感肌用(医薬品)

 

(敏感肌でも使用可)(塩化アルミニウム8%配合)

<持続効果が5日以上とアップ>

水溶性で刺激が少なく、より肌に優しくなった新処方。

ワキに塗りやすいロールオンタイプ。

持続時間が以前よりも長くなり、

消臭効果が5日以上(120時間以上)とバージョンアップした最新商品です。

たった、ひと塗りだけで長時間にわたり効果が持続します。

以前のデトランスαだと3日以上だったのがそれ以上の持続力。

<副作用の低減>

成分である塩化アルミニウムは塗った後、

敏感肌の方は皮膚にヒリヒリ感、かゆみを起こしてしまう事がありました。

新しい「パースピレックスコンフォート」は、

乳酸アルミニウムから乳酸カルシウムにへ変更し、かゆみを抑え、

また敏感肌用として肌に優しい制汗剤になりました。

※ワキはもちろん、手のひらや足の裏にも使えます。

パースピレックス・オリジナル ワキ用 普通肌用(医薬品)

 

 

持続期間約3~5日間。乳酸カルシウム配合による、肌への刺激を軽減。

ワキに塗りやすいロールオンタイプ。

(塩化アルミニウム15%配合)

パースピレックス・ストロング ワキ用(医薬品)

 

(塩化アルミニウム25%配合)

パースピレックスボディ用(医薬品)

手足にお使いいただけるローションタイプ。

(塩化アルミニウム27%配合)

最安値¥2,255(税込)

パースピレックスの類似品に注意

「 エティアキシル 」

偽物 名前が違います。ラベルのマークは同じなのに。

美容クリニックで売っている商品では無いです。

ナース美奈子のまとめ

ワキガ・多汗症の方の治療は、

手術やミラドライ・ボトックスなど聞かれたことがあると思いますが、

手術や注射は不安という方は沢山います。

そういった方にはパースピレックスがおすすめです。

汗を止めればにおいは減ります。

パースピレックスは市販されている制汗剤とは違い脇汗を止める

1回の使用で効果の持続期間がで3~5日と長く

お風呂に入ってもその効果は持続します。

 

パースピレックスは国際的に認められ、リピート率96%の商品です。

ワキ汗・ワキガ・手汗・足汗など悩んでいる方は

パースピレックスを使って少しでも、

ストレスフリーの日々を過ごしてもらいたいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました(#^.^#)

スポンサードリンク




にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村


美容皮膚科ランキング

 

日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
良かったら応援してください(#^.^#)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサードリンク

follow us in feedly

検索

RSS 最近の投稿

コメントを残す

*