美肌

マスクによる肌荒れ・乾燥・ニキビが酷い!美肌を取り戻す方法&おすすめスキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

新型コロナ対策・花粉などでマスクをしないといけない状態。

肌あれをしたり、ニキビが増えたり、乾燥が酷くなったり

肌トラブルが増えていませんか?

それぞれ悩みは違いますが、マスク着用による肌トラブルが増えてます。

まだまだ新型コロナウィルス問題は長期化することが見込まれていて、

長期的にマスクを着用する日々は続くことになりますので、

マスクによる、肌荒れ・肌乾燥・ニキビ・炎症などの

予防方法や美肌を取り戻す方法、

肌に負担が少ないおすすめスキンケアなどを

解説していますので是非参考にして下さい。

 
スポンサードリンク


マスク着用で肌荒れの原因とは?

毎日マスクをしていると、肌が赤くなって痛い、ヒリヒリして痒い、

ニキビが増えたといった肌トラブルが起きやすいです。

原因

①素材が肌に合っていない

マスクに使用される素材(ガーゼ、不織布)が合わず、肌が荒れることがあります。

特に不織布はガーゼに比べて意外に硬く肌に摩擦が起こります。

②摩擦による刺激

マスクをすると、どうしても線維と肌がすれます。

摩擦による刺激は肌のバリア機能を低下させてしまいます。

③蒸れ

マスクの内側は、呼気、咳やくしゃみなどに含まれる雑菌が付着してしまします。

また、呼吸によって温度・湿度ともに高くなっており、常に蒸れた状態となります。

これは雑菌にとって好条件で、どんどん繁殖してしまい、

肌あれやニキビを起こす原因となることがあります。

④乾燥

マスクを着用している時は、内側は呼気によって湿度が保たれています。

しかし、マスクを外すと、外気の湿度が低いために急激に

肌に付着していた水分が蒸発してしまします。

蒸発する時に肌の潤いまで一緒にもっていってしまうため、

乾燥が進み、肌あれを招きます。 

汗や蒸れによる肌荒れ(口周りのニキビが酷い)

人間の呼気には無数の雑菌が含まれています。

マスクをすることにより、マスクの内は半ば密閉空間ともいえます。

呼気による適度な湿度と温度で雑菌が繁殖するのに絶好の条件を備えた場所

口周りにニキビが発生している人は、これが原因かもしれません。

また、大人ニキビの方はマスクの擦れで生じることが多いです。

<予防方法>

ウイルスや花粉対策でマスクを着用するときは、

ガーゼ素材のマスクより不織布マスクの方が良いです

 

しかし、素材そのものが水分をいくらか吸うガーゼ素材のマスクと比べ、

不織布マスクは蒸れやすいため、ニキビ予防には

不織布マスクの中にガーゼを挟むと効果的です。

マスクが擦れやすい頬・顎などの部分にコットンを挟み

両面テープなどで貼って保護するのも良いと思います。

また、口周りに汗や蒸れを感じた際は、ティッシュやハンカチでオフする

ことも心がけて下さい。

 

できてしまったニキビや吹き出物には、患部をよく洗顔料で洗い、

化粧水などで十分保湿することが大切です。

痛みをともなっていたり赤く膿みを持つようなら、

保冷剤で冷やしてからスキンケアを行って見てください。

手でつぶしたり、押し出すと痕が残るので注意してください。

 

※ニキビや吹き出物には、

角層を優しく溶かしてくれる家庭用ピーリングや

酵素洗顔を取り入れるのも効果的です。

ただしやりすぎはNG、週に2〜3回位にして下さい。

ピーリングや酵素洗顔をした時は、いつもの肌状態よりも乾燥しやすくなるので、

いつもより十分に保湿も忘れずにして下さい。

 

マスクを長時間つけていなければいけない場合、

外せそうな瞬間を見計らって、ちょっとマスクを外すだけでも

肌への負担は軽減されます。

 

ニキビができるとメイクを出来るだけしない方が良いのですが、

ニキビが酷くなるとメイクで隠したくなるものです。

マスクをする日はメイクは薄めにしておくのがポイント。

濃いメイクは毛穴を塞いで肌の負担がただでさえ大きいので、

うっすらメイクにとどめておくといいです。

 

ニキビが悪化、化膿している場合は、

美容皮膚科などでニキビ治療やニキビの処方などしてもらった方が早く治ります。

摩擦による肌荒れ(肌が赤くなって痛い、ヒリヒリして痒い)

マスクの擦れによって、頬や口周りなど赤くただれたり、

軽度のかゆみが出たり、熱めのお湯で洗顔すると

ヒリヒリとした刺激が現れたりします。

またマスクに付着した花粉やホコリ、汚れが肌の刺激になり、

肌荒れが生じたりもします。

<予防方法>

サイズが合わないマスクは摩擦もおこりやすくなります。

マスクが顔のサイズよりも小さいと、肌を擦って刺激になります。

マスクは着用した時に鼻から顎までが隠れるくらいの大きさで、

ゴムや紐の部分が耳に擦れて痛くならない程度のものが良いです。

また、しゃべっても、マスクが上下したりずり落ちて

鼻が見えたりしないものを選んで下さい。

摩擦によって強い刺激があると、かぶれたり赤みが起きたりと

肌荒れにつながりますので、マスクのサイズの見直しをしてみて下さい。

 

不織布マスクにも肌触りのなめらかなマスク・

サイズ・立体型に変えてみる等の工夫で負担で軽減されることもあります。

 

今はマスク不足のためマスクを選ぶことは出来ない状態ですが、

擦れて赤みが出たり、ヒリヒリしている場合は、

不織布マスクの中にガーゼを挟むようにして下さい。

ガーゼが肌とマスクの摩擦も防ぎますので、

こすれによる肌荒れの対策にもなります。

 

不織布ガーゼの中にガーゼを挟んでも痛い場合

不織布マスクの内側に、着古したTシャツなど柔らかい綿の素材を

マスクと同じ大きさに切って挟んで見てください。

 

肌の調子が悪いときだけでもガーゼ素材の

マスクにすることにしてみるのも良いと思います。

※ガーゼマスクや布マスクはウィルスや花粉を通しますので

理解したうえでガーゼマスクの着用をして下さい。

 

またガーゼマスクでも洗濯で毛羽立つようになったものは

刺激になる場合もあるので、同じように柔らかい布を間に

挟むことで軽減できると思います。

※マスクで擦れる部分、頬、顎などをコットンで保護する方法も効果があります。

(コットンはズレないように両面テープで固定すればズレ防止になります)

 

マスク不足が解消されたら

不織布マスクのなかにも、「シルク配合」「敏感肌用」など、

特に肌に優しい素材で作られたものもあります。

肌が弱く荒れやすい人は、そのようなマスクを選ぶのも良いです。

肌の乾燥が酷い(老化が加速)

今は新型コロナウイルス対策のためにマスクをしている事が多いのですが

冬場、気温が低く大気が乾燥しているとき、

肌の乾燥を防止するためにマスクをつけることがあります。

着用している間はマスクの内側は湿度が保たれ、しっとり感じている方も多いですが

マスクを外すと、外気の湿度が低いために、

急激に肌に付着していた水分が蒸発してしまいます。

蒸発するときに肌の角質層の潤いまで一緒に持っていってしまうため、

乾燥が進み、肌荒れを招くことがあるのです。

肌が乾燥すると表面のバリア機能が低下して、

細菌やウイルスが侵入しやすくなってしまうのです。

そうなると、口唇ヘルペスなどができやすくなり、湿疹も起こりやすくなります。

美容面では、

乾燥をそのまましておくと一気に老化は進みます。

肌荒れからシワ、たるみ、ほうれい線が目立ってきます。

<予防策>

肌の乾燥を防ぐためには、何より保湿のケアが大切です。

化粧水でたっぷりの水分を補ったあと、

乳液やクリーム等で大事な水分が逃げないようにケアしてください

これからの季節は紫外線量が増えるため、毎日のスキンケアには紫外線による

乾燥ダメージも加わります。

メイク下地として、保湿効果に優れたクリームを使用することにより、

皮膚を保護し、乾燥を防ぐことも出来ます。

マスクをつける前にたっぷり保湿し、

帰宅してマスクをはずしたら、手をしっかり洗ったあと、

クレンジングや洗顔は、刺激の少ない肌にやさしい成分やテクスチャーのものを使い

まず丁寧に汚れを落とすケアを行ってください。

 

UVクリームを使用した場合は、肌への負担の少ないクレンジングや洗顔料にも

UVクリームがしっかり落とせる&刺激の少ないものを選び

優しく丁寧に洗ってください。(ごしごしと肌を擦るのはNG)

毛穴に詰まった汚れが落とし切れていないと、

そこからさらなる肌荒れを引き起こしてしまいます。

そのあと、たっぷりと保湿を心掛ければ、肌が落ち着いていきます。

外で化粧直しをするときなどに、保湿も一緒にすると良いです。

※こまめに保湿を行ってバリア機能を高めるようにして下さい。

不織布ガーゼよりガーゼマスクの方が肌には良い?

肌には、どちらが良いかは一概に言えません。

不織布マスクは化学繊維でできているので、

天然素材の綿でできているガーゼマスクよりもかぶれやアレルギーが起こりやすいです。

ガーゼマスクでも何度も洗濯することで毛羽立つようになったものは

刺激になる場合もあるので肌に負担がかかります。

今はマスク不足のため手に入らないですが、

不織布マスクの中にも肌に優しいタイプのマスクもあります。

※ウイルスや花粉を排除するのは不織布マスクの方が優れていますが、

肌が擦れて痒みや赤みが出ている場合には、ガーゼマスクに変えてみるのもよいでしょう。

肌荒れしててもウイルス・花粉予防をしたい!

<肌荒れしている時にガーゼマスクしかない時>

ウイルス(コロナ・インフルエンザ)や花粉を予防をする場合は、

ガーゼマスクの下に

マスクと同じ大きさに切った不織布ガーゼやウィルス防止フィルターを挟み

その下にさらにガーゼを当てるか、

擦れる部分にコットンを貼り、保護することで予防できます。

※ガーゼマスク・布マスクはウィルスや花粉を通します。

<不織布ガーゼ>

※ハイゼガーゼ(不織布ガーゼ)は伸びが良く、

普通のガーゼの吸水量が2.5倍、美容クリニックやエステなどでよく使われています。

ニキビに有効なビタミンC誘導体のローションを浸したり、

イオン導入の時に使われるガーゼです。

(クリニックによって銘柄は変わります)

<ウイルス防止フィルター>

 
スポンサードリンク


美肌を取り戻す方法

●肌に負担の少ないスキンケアに変えて見る

マスクによる擦れやこもった湿気でバリア機能が低下した肌に刺激は禁物です

クレンジングや洗顔は、刺激の少ない肌にやさしい成分やテクスチャーのものを選んでください。

また乾燥肌に傾きがちなので、洗顔後はいつも以上に念入りな保湿を心がけて下さい。

ゲルやクリームでしっかりバリア機能を保護して下さい。

肌が荒れている時は、低刺激・敏感肌用のクレンジングに

変えることをお勧めします。

●丁寧にクレンジング

丁寧にと言うのは念入りにとは違います。

あまり時間をかけてゴシゴシとやるのではなく、

とにかく優しく、そして素早くメイクを落としていきます。

(ぬるま湯で洗顔してください)

肌荒れがひどい時は、肌に優しいダブル洗顔不要のクレンジングを

選ぶ方がさらに肌に負担が少ないです

●ゆっくりお風呂に入る

血行が良くなるので肌の調子も上がり、汗をかいて老廃物を排出してあげると、

肌も気持ちもスッキリします。

●保湿をしっかりする。

肌が敏感な人は普段から使っている化粧水を使う方が良いです。

混合肌の人も肌荒れしている時は化粧水も保湿クリームも

低刺激・敏感肌用に変えて見てください。

そのあとはしっかり保湿をして下さい。

〈保湿成分〉

●ヒアルロン酸

●コラーゲン

●セラミド

●アミノ酸

●しっかりと睡眠をとる。

寝不足がちという人は肌の回復も遅れています。

しっかり睡眠を取ってください。

肌に負担の少ないおすすめクレンジング&保湿5選

肌荒れしている時には、いつもの化粧水や保湿クリームは

肌に負担の少ない物に変えた方が早く肌が落ち着いてきます。

低刺激・敏感肌用のクレンジングとおすすめの保湿を選んでみました。

参考にして下さい。

①フルリ クリアゲルクレンズ

美容皮膚科医、エステティシャンと管理栄養士が共同で開発されたプロユースクレンジングです。


公式サイト

②minaru クレンジング

間違ったクレンジングにより、肌を乾燥させたり必要以上の

毛穴ケアで肌を痛めているという点に

着目して作られた新しいクレンジングです。

美容成分を95%配合、乾燥肌や敏感肌、赤ら顔の方も安心して使用できる。

ダブル洗顔不要

公式サイト

③無印良品 マイルドジェルクレンジング

ダブル洗顔不要

オイルと同じくらいよく落ちてオイルより洗い上がりがさっぱり。

④カウブランド 無添加メイク落としミルク

やわらかく、肌あたりのよいミルクタイプ。

お肌に余分な負担をかけずにすっきり落とします。

ぬれた手や顔でも使えます。

着色料・香料・パラベンなどの防腐剤・品質安定剤・鉱物油・アルコールが無添加。

⑤ドクタージャルト シカペアクリーム50ml

摩擦で敏感肌になった肌におすすめの保湿

【Dr.Jart+ 】New 2世代!ドクタージャルト シカペア クリーム 50ml トラブル肌 ニキビ ケア Cicapair【楽天海外直送】

シカクリームは下記に詳しく解説しています。

韓国で話題の肌再生するシカクリームは効果なし?おすすめ4選

 

ナース美奈子のまとめ

昨今の情勢により、マスクが手放せない日々は当面続きそうです。

冬場のマスクは肌の乾燥が多いですが、

これから温かくなる時期のマスクの着用は汗や蒸れによる肌トラブルが増えてきます。

慣れないマスクの着用、これまでにないマスクの長時間の着用が、

肌に対して何らかの肌トラブルや肌荒れ、炎症などが起こっていることが多いです。

またストレスや疲れ、栄養不足が原因で、普段は引き起こさないような

肌荒れを起こしている可能性もあります。

トラブルの予防やスキンケアの活用と共に、

十分な睡眠や栄養補給にも心がけて、

マスクに負けないように美肌を保ってください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(*^▽^*)

スポンサードリンク




 

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村


美容皮膚科ランキング

日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
良かったら応援してください(#^.^#)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサードリンク

follow us in feedly

検索

RSS 最近の投稿

コメントを残す

*