アンチエイジング

切らずに治す!目の下のたるみ、膨らみにはアイバッグソリューション?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

加齢と共に目の下の膨らみやくぼみで悩んでいる方が多いです。

美容医療では切らない医療機器などたくさん出ています。

今回は目の下のたるみ、膨らみが気になる方に

切らない治療の1つに「アイバックソリューション」があります。

「アイバックソリューション」とは、どんな治療なのか、

1回で終わるのか、価格、リスクなど

また、軽度~中度以上のたるみの治療方法、切らない美容機器

なども解説していますので是非参考にして下さい。

スポンサードリンク




目の下のたるみ、クマの原因

  • 眼窩脂肪を取り囲む膜がゆるみ脂肪が前方に溢れる
  • 皮膚や筋肉が伸び、たるむ
  • 眼球を支えている眼窩の骨が後退する
  • 寝不足や疲れによるもの
  • 色素沈着 など

原因は上記に挙げたものが殆どです。

今回は目の下の筋肉が緩んで脂肪が前方に膨れた状態で見られる

くぼみ、たるみの治療方法を書いています。

目の下のたるみは軽度~中度以上で治療が変わる。

今までは目袋のたるみを改善するためには、

下眼瞼除皺術や脱脂法などの切開治療が主流でした。

目の下たるみが軽度の場合

●経結膜的脱脂法

●経結膜的脱脂法(脂肪移転)

●ヒアルロン酸注入または脂肪注入

まぶたの裏側からアプローチを行い、たるみ・クマを解消します。

目の下のたるみが中度以上の場合

●筋皮弁法(筋肥大があり解消したい場合)

●ハムラ法

下まぶたの際からアプローチを行い余剰脂肪のコントロールと

余剰皮膚も切除して、たるみ・クマを解消します。

※たるみの症状が軽い場合は

ヒアルロン酸などのケアでも効果が期待できますが、

中度以上のたるみの場合は余剰脂肪を切除する方法が良いです。

年齢や症状によって変わってくる治療

<経結膜的脱脂法>

20代~40代前半の小じわの目立たない方(皮膚の余っていない方)や

皮膚の厚い男性では、下まぶたの裏側から脂肪を切除することにより改善します。

40代半ばからの女性では、この方法だけではかえって下眼瞼が凹み、

疲れた印象となってしまったり、小じわが目立ったりするため

おすすめ出来ません。

この場合は下まぶたのまつ毛下約2㎜のところを切開し、

眼輪筋を引き上げ、余分な脂肪を除去し、余った皮膚を切除する手術が良いです。

この方法は約1~2週間のダウンタイムが生じるため、

これが無理な方は、目袋の下の溝にヒアルロン酸を注入して

段差を解消し、目袋を目立たなくする方法が簡単でおすすめです

クリニックによって切らずにレーザーで治療

経結膜的脱脂法にもメスを使わずにレーザーで治療してくれる

美容クリニックがたくさんあります。

下まぶたの裏側からメスを使わず

レーザーを使用するので、ほとんど出血もなく、

術後の腫れも少ないのが特徴です。

皮膚に傷を残さず改善でき、術後は洗顔やメイクも可能なので、

仕事で休みが取れない方にもお勧めの施術です。

切らずにアイバックソリューションによる治療

気になる目袋のたるみに注射するだけで目袋(目の下のたるみ)を

改善する治療法です。

アイバックソリューションの主成分は

ペプチドで、配合された各種ペプチドの効果により、

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の量を増加させ、

注入するだけで目袋のたるみを改善します。

また、リンパ管の排泄機能が活性化されるので、

細かいしわが減少して肌の色が明るくなり、自然に若返った印象になります。

アイバッグソリューションの成分は?

主な成分はペプチドです。

●トリペプチド
α-リノレン酸代謝酵素のひとつで、脂質の酸化に関与する鉄酵素です。
脂肪細胞の分解を活性化します。

●ナノペプチド-18
線維芽細胞・ケラチノサイト・コラーゲン・エラスチン及び
ヒアルロン酸の量を増加させ、目袋の形成を防止・予防します。

●オリゴペプチド-61
線維芽細胞・ケラチノサイト・コラーゲンを生成し、新しい脂肪形成を抑制します。
また目の周りの肌を明るくし、抗炎症作用もあります。

●オリゴペプチド-73
血液の循環やリンパの流れを良くし、目の周りの失われたハリを取り戻します。
小じわや目袋の腫れなどを改善させます。

アイバッグソリューションの効果はあるの?

 

軽度のふくらみの方、20代~40代前半の小じわの

目立たない方(皮膚の余っていない方)や

皮膚の厚い男性では、効果は早く出ると思います。

但し、1回の注射でふくらみが平になったり、張りが出てくることでは無く

少しずつ効果が出てくるので、切るのが嫌な方は試してみると良いと思います。

 

40代半ば以降の女性もアイバックソリューションを注射をすることで、

膨らみを減らしてくれるだけでなく、

コラーゲン・エラスチン、ヒアルロン酸の量を増加させてくれるので

注入するだけで目袋のたるんだ状態を改善していきます。

※目の下の膨らみやくぼみ、クマは人それぞれ程度が違います。

すべての人がアイバックソリューションが適しているわけでは無いです。

何が自分に合うのかをカウンセリングして見てもらうのが1番良いです。

スポンサードリンク




アイバッグソリューションの価格

自費診療なので美容クリニックによって価格はバラバラです。

東京よりは大阪の方が安いです。

某美容クリニック:1回20000円 5回セット80000円

某美容クリニック:1回25000円 4回セット80000円(20%OFF)

アイバッグソリューションのリスク

アイバッグソリューションは注射です。

カニューレという先が丸い特殊な細い針を使用をして注射をします。

普通の針よりは痛みが軽減され大きな腫れや赤みはありません。

内出血ができにくいのも特徴です

しかしどの注射にも言えますが、

腫れ、赤み、痛み、内出血、浮腫み、感染、左右差などが

見られることがあります。

もちろん症状の出方や経過には個人差がありますので

しっかり、カウンセリングを受けることが大切です。

 

切らない目の下のたるみ治療(アグネス)

他にも切らないたるみ治療があります。

目の下の脂肪を切らずにボリュームダウンが期待できる

唯一の医療機器 アグネス もあります。

専用の針を目の下のふくらみ(眼下脂肪)に刺入し、

針先から高周波(RF)を出力することで脂肪を焼灼し、

蒸散・縮小を目的とした治療です。

※美容医療機器には他にもたくさんの治療方法があります。

 

ナース美奈子のまとめ

目の下の膨らみを平らに改善する治療するのは、

経結膜的脱脂法が、値段や先の事を考えると

一番、満足のいく治療だと思いますが

やっぱり、切るのは怖い、休みが取れない、ダウンタイムが長いなど

切る治療法は敬遠されがちです。

そのような方には、切らずに目の下のふくらみを取る

1つの方法としてアイバックソリューションもあります。

目の下のくぼみ(凹)を埋めるだけで平らな状態になるのは、

ヒアルロン酸や脂肪注入が良いです。

美容クリニックを選ぶ際に気を付けてもらいたいのが

「値段が安い」で選ぶのは絶対避けてください。

目元の治療は目元専門及び経験が大切ですので、

一度、カウンセリングに行って見てもらってください。

自分に合った方法を見つけて1日も早く悩みを解消してくださいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(*^▽^*)

 

スポンサードリンク




 

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村


美容皮膚科ランキング

日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
良かったら応援してください(#^.^#)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサードリンク

follow us in feedly

検索

コメントを残す

*