スキンケア

秋は肌老化が加速?ハリ不足、乾燥くすみ、今すべきおすすめの美容法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

紫外線が最も気になる夏が終わり、少しずつ過ごしやすく

秋の訪れを感じる季節となりました。

夏の間、外では強い紫外線を浴び、

過剰な皮脂の分泌によるテカテカの肌や

毛穴の開きが目立ちます。

そして、秋になれば肌のくすみや乾燥、肌のごわつきなど、

肌の不調を感じてくる方も多くなります。

夏に受けたダメージが秋にジワジワと肌トラブルとして表れてきます。

夏の環境は、肌を老化させる要因が盛りだくさん。

このまま肌トラブルを放っておくと一気に肌老化が加速します。

秋こそ肌の手入れが一番大事!

今すべきおすすめの美容法を書いていますので是非参考にして下さい。

スポンサードリンク




何故、秋に肌老化が加速?

初夏から晩夏にかけて浴び続けてきた強い紫外線、エアコンによる乾燥、

発汗に伴う乾燥など、肌老化や肌トラブルは、

秋に急増すると言われています。

肌の生まれ変わる日数は28日周期で、

肌の細胞が入れ替わることを「ターンオーバー」と言います。

加齢によりターンオーバーの日数は変わります。

5月〜8月に受けた肌へのダメージが皮膚深層に蓄積され、

ターンオーバーの日数から考えて、

9〜10月に表面化してくることが多く、

その上秋になると朝夕の寒暖差、空気の乾燥など

気候変動に伴うホルモンバランスが崩れたりと

秋は肌トラブルが発生しやすいです。

秋の肌トラブルの原因

夏に浴びた紫外線ダメージと乾燥が主な原因。

特に紫外線によるダメージは、ターンオーバーの乱れや乾燥、

炎症などを引き起こします。

これにより、シミや毛穴の黒ずみ、目じりやほうれい線、

頬などの小じわが目立つようになります。

 

とくに夏は、汗などで肌がベタつきやすいので、

洗顔や角質ケアといった取り去るケアに一生懸命になり

水分を補っても、油分をきちんと補っていない方も多く

その結果、バリア機能が低下して肌トラブルが繰り返されます。

 

水分が蒸発して肌が水分をだそうとして

脂がでてテカリやベタつきが目立ちます

テカリやべたつきがあると、

肌の水分量が多く保たれていると勘違いしている方がいますが

お肌の内部にをみてみると意外と乾燥してることが多いです。

 

また、エアコンのきいた室内で長時間過ごしたり、

入浴をシャワーだけで済ませていると、

血行が滞って代謝が落ちてしまい、

ターンオーバーも乱れてしまうので、

トラブルが起こりやすく、治りにくい肌になります。

 

夏の夜は暑さで寝苦しい夏は睡眠が浅く、

夜の修復能力が低下してしまうため、

日中に浴びた紫外線ダメージをリセット出来ない状態。

 

※色々な夏の環境で起こる原因がターンオーバーの関係で

秋に表れやすくなります

 

※同じ環境にいても、肌が乾きやすかったり、敏感肌に傾きやすかったり、

人それぞれ肌質は違います。

外気の影響や生活スタイルなどで日々、肌状態は変わっていますが、

持って生まれた遺伝的要因によってトラブルは現れやすいです。

秋になると起こりやすい肌トラブル

●ニキビ、吹き出物

夏の暑さからくる汗と皮脂分泌の増加。

汗を大量にかき、皮脂が過剰になることで

肌のうるおいを正常に保つためのpHバランスが崩れて細菌が

繁殖しやすい状態になり、毛穴の開きやニキビに繋がってしまうのです。

とくに、輪郭や口まわりに現れやすいです。

●乾燥くすみ

夏の紫外線やエアコンによる乾燥など、この時期は肌の機能が低下しています。

ターンオーバーも乱れるため、古い角質が肌に残り、

肌のトーンは暗くなりくすみがちに。

そこへ秋の乾燥した空気が、弱った肌に襲いかかり、

カサカサ肌はより深刻なっていきます。

紫外線の影響で角質肥厚を起こしているといくら

保湿しても乾く状態なります。

●ハリ不足

エアコンによる冷えなどで血行が滞り、

食欲不振による栄養不足、汗によるミネラル不足から、

栄養も潤いも巡らないため、肌内部の水分が足りず、

細胞がしぼんで肌のハリが低下。

肌のハリが失われると、

頬がたるんで老けた印象を与えることになってしまいます。

このまま放っておくと肌老化がおこり、たるみ、シワの原因に

●皮脂のテカリ

気候も落ち着いてくる秋。皮脂などの分泌機能が低下し、

乾燥してくれるので、どちらかというと乾燥対策が

気になり始める時期ですが、実は人によっては

夏の紫外線による肌ダメージを受け、肌が敏感になることによって、

皮脂の分泌がかえって進み、皮脂のテカリが出る人も多いです

スポンサードリンク




今すべき美容法とは

<夏に受けた肌ダメージをリセット>

◎ターンオーバーを正常に戻す

◎古い角質をしっかりオフ

 

<乾燥くすみ、ニキビ、肌のハリの改善>

夏に紫外線の影響で肌が角質肥厚を起こしている事が多いです。

美容クリニックで行っているケミカルピーリングがおすすめです。

ピーリングというと肌への刺激を気にする人も多いと思いますが、

美容クリニックで行っているのはAHAやBHAのピーリングがあり

知識と経験のもとで肌質にあった濃度で行っていますので

安心して受けて頂けます。

酸を使って角質肥厚を取り除くと美容液も入りやすくなります。

 

※日焼け後のピーリングは禁忌です。肌が炎症を起こしてますので

肌が落ち着いてから行ってください。

肌が落ち着くまでは、保湿をたっぷり、水分・油分を補ってください。

ホームケアでのピーリングの場合

ホームケアでのピーリングは医療用と違い

ホームケア用ですのでトラブルを起こさないように

マイルドな製品が販売されています。

それでも

ピーリングジェルやピーリング石鹸を使うことでどうしても

肌へ何かしらの負担がかかる製品になっています。

ホームピーリングでやってはいけない事

色々な種類のスクラブ洗顔などありますが

普通肌、脂性肌の方はスッキリするので使ってますって

言われる方が多いです。

使ってはダメなものでは無いのですが

スクラブは小さな粒で物理的にゴシゴシと角質を落とす訳ですが、

ゴシゴシをやりすぎると皮膚は傷つき炎症がおきます。

やりすぎ禁物です。

ご自身で不要な角質だけを除くことが出来れば良いのですが

使い方が中々難しいのでやりすぎの人が多いです。

過度なお手入れにより必要な角質層まで落としてしまうと、

ターンオーバーが速まって未熟な細胞が生成されてしまい、

また角質肥厚になります。

ピーリングジェル・ピーリング石鹸の選び方

ピーリングの有効成分はいろいろな種類がありますが、

代表的なものはAHA・BHAなど。

AHAは、グリコール酸・乳酸・りんご酸・クエン酸などの種類があり、

BHAはニキビ予防にも効果が期待できるといわれていますが、

肌への刺激が強く、肌トラブルの危険性もあります。

セルフでピーリングするなら、AHAがおすすめです。

AHAの種類の中でも、ピーリング力の強さには違いがあります。

りんご酸・クエン酸 ・乳酸 ・グリコール酸の順に

ピーリング力が強くなっていくので、

初めてピーリングジェルを使う方や肌が弱い方は、

りんご酸から使用するのがおすすめです。

この時季は徹底的な肌ケアが必須

●ローションパック

いつものスキンケアにプラスして行ってほしいのが

化粧水後のローションパック。

コットンに化粧水を含ませて、

乾燥が気になる部分にのせていきます。

コットンが乾かないように、

上からラップで覆い10分くらい置いて下さい。

しっかり化粧水が入っていきます。

 

<おすすめの化粧水>

夏に紫外線を受けた後はビタミンC誘導体が入ったものを使うと良いです。

 

●乳液やクリームをたっぷり使う

ピーリングしたあとは、プラスの効果が期待できるものを

選ぶのがおすすめです。

暑い夏の時期に油分たっぷりの乳液やクリームを

避けていた人も多いかもしれません。

乾燥するこの時期は、油分は必須。

ヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲンなど、

自分の悩みを解決してくれる成分をタップリ入れてください。

とくに乾燥しやすい目元や口元を中心に、

下から上へ、内側から外側へとお肌を引き上げるように

擦らずに優しく塗るようにして下さい。

<おすすめの美容クリーム>

乾燥肌の人にはタップリ保湿できる商品が良いです。

脂性肌の方はべたつきを感じるかもしれませんが、

肌ダメージの修復をするのにおすすめです。

 

※トライアルセットを使用しても良いです。

ドクターシーラボ 

●べストセラートライアルキット

Best Seller Trial Kit¥1,980(税込)数量限定

  • エンリッチリフト ナイトピールVC 13mL
  • アクアインダーム導入エッセンスEX 10mL
  • VC100エッセンスローションEXスペシャルフェイスマスク 1包
  • VC100エッセンスローションEX 28mL
  • アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX 10g

公式サイト:2019年9月20日よりWEB限定で販売

 SK-II SK2

●ピテラ ファースト エクスペリエンス キット

ベストセラー トライアル キット

スキンケアセット

 

サプリメントで補う

サプリメントで足りない成分を補うのもおすすめ。

ビタミンやコラーゲン、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸やセラミドなど、

美肌に必要な成分をサプリで取り入れることで、

夏のダメージ回復をサポートしてくれます。

ナース美奈子のまとめ

夏の紫外線やエアコンによる乾燥などで

秋の肌老化は一気に加速されます。

肌老化をさせない、今すべき美容法とは

まずは角質肥厚を取り除き、美容液、乳液が

たっぷり入る状態にして下さい。

角質肥厚を取り除かずに、高い化粧水、美容液を使って

ケアを行っても肌トラブルは改善しません。

取り除いたあとはしっかり保湿。

 

この保湿だけは手を抜いてはいけません。

乾燥肌の人はしつこいくらいの保湿が良いです。

たっぷり保湿をしたら最後にクリームで蓋をしてあげることも忘れずに!

 

混合肌、脂性肌の方は、

皮脂が多く出るからとスキンケアをさっぱりと済ませがちですが、

実は逆で水分が足りないから肌がもっと潤わせようと

過剰に皮脂が出てしまっているのです。

ここで勘違いが始まり、負のスパイナルに陥っている方がいます。

肌内部は乾燥しています。20代の方はまだいいですが、

30代以降はハリ不足、たるみが出てきます。

秋から冬はさらに、気温が下がり、

血行もリンパの循環も悪くなり、乾燥も厳しくなってきます。

冬シーズンの前に肌トラブルを治しておかないと

シワ、たるみもさらに加速し老け顔に・・・

肌トラブルが気になり始めたら早めに修復してください。

 
最後まで読んで頂きありがとうございました(*^▽^*)

スポンサードリンク




 

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村


美容皮膚科ランキング

日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
良かったら応援してください(#^.^#)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサードリンク

follow us in feedly

検索

コメントを残す

*