スキンケア

50代美肌の秘訣!美容オイルにプラス?界面活性剤不使用オイルクレンジング5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

40代からエイジングケアやアンチエイジングには

美容成分がたっぷり入ったものを選ぶことが大切なのですが、

50代になると、さらに皮脂の量が40代に比べて5分の1に減少します。

潤いをキープする力が弱まり、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

さらにターンオーバーが遅れることで角質がはがれにくくなり、

厚みが増すため、化粧品が浸透しづらくなってしまいます。

50代は特にシミ・くすみ・たるみなどの肌トラブルが表れ、

肌老化が促進されてしまうだけでなく

油分が減り角質が硬くなった肌は、これまでより油分を多く必要とします。

油分が減った状態をそのままにしておくと、シワ、ほうれい線も目立ってきます。

50代になっても美肌を保つには、

40代から必要なスキンケアにプラスが必要です。

50代のオイル美容の方法と50代からの界面活性剤不使用の

おすすめオイルクレンジング5選なども解説していますので

是非参考にして下さい。
 
スポンサードリンク




50代からは美肌になるのは油分が大切

50代が肌のハリや弾力よ蘇らせるスキンケアのコツは、

油分の補給をプラスすることです。

乾燥肌は肌トラブルの元なので保湿が大切です。

肌に潤いを与えるには水分だけでなく、

加齢とともに減少する油分も必要になってきます。

50代のスキンケアに取り入れてほしいのが、美容オイルです。

美容オイルには、保湿効果・角質をやわらかくする、

肌のバリア機能を高めるという働きがあります。

特に乾燥肌の肌表面は、少しでも水分を逃さないように

肌は硬くなっているので、

基礎化粧品の浸透は悪くなってきます。

美容オイルを使用することで、硬くなった角質をやわらかくして

肌表面から角質層までの浸透力を上げることができます。

すると、肌の代謝はアップしバリア機能が高まるので、

肌にハリが生まれます。

美容オイルの選び方や使用の使い方は

※40代の肌を若返らせる美容オイル!保湿と弾力を高めるオススメ7選

※今人気の美容オイルは効果が無い?正しい使い方と選び方/おすすめ3選

を参考にして下さい。

50代になるとクレンジングにも気を付ける。

加齢と共に、肌トラブルが気になり、自然とメイクも以前より濃く

なってきていると感じてきている方も多いと思います。

メイクの落とし残しは肌の老化を促進する原因にもなります。

また、メイクが濃くなってくるとクレンジングの時に、

無意識にゴシゴシこすって洗うこともあり

余計に肌に負担がかかり肌トラブルの原因にもなります。

肌に負担が増える程、美肌は遠のいてしまいます。

クレンジングのコツは、肌に負担をかけずにしっかりメイクを落とすこと。

50代になったら合成界面活性剤が使用されていない

オイルクレンジングを使ってみるのも良いと思います。

 

オイルクレンジングはやさしく肌に馴染ませるだけで、

クリームファンデーションやアイメイクなどの

油性メイク料を溶かして浮き上がらせてくれますので

肌に負担をかけず、しっかりメイクを落とすことができるので、

古い角質や毛穴の汚れが気になる方にもピッタリです。

オイルクレンジングは肌への刺激が強いと思われている方も

多いのですが、合成界面活性剤が使用されていないものは

肌にやさしいく、摩擦をかけずにしっかりメイクを落としてくれます。

オイルクレンジングを選ぶポイント

 

クレンジング剤の成分で肌に悪い可能性があるものは、

大きく分けると以下の3つです。

<肌への刺激リスクとなりうる成分>

①界面活性剤

②オイル成分

③添加物

<特に注意が必要なオイル>

●界面活性剤

界面活性剤の中でも「石油系合成界面活性剤」は肌への刺激が強いので、

注意する必要があります。

●肌に悪いオイル成分

特に肌に悪いオイル成分は炭化水素油系オイルです。

オイル成分の中でも脱脂力が強く、肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。

クレンジングに使われる炭化水素油系のオイルは「ミネラルオイル」です。

ミネラルオイルは安価に精製できる為、

特にプチプラクレンジングに多く使われています。

<肌に良いオイル>

安心できる油脂系オイル

  • コメヌカ油
  • アーモンド油
  • ココナッツ油
  • オリーブ油

オイル成分の中でも格段に肌への負担が少ないのは、

脱脂力がマイルドな油脂系オイルです。

これらのオイルは安全ですが価格が高い為、

デパコスクレンジング等に使われている事が多いです。

 

<美容効果の高いオイル>

美容効果が高いオイルにはスクワランオイルがあります。

スクワランオイルは肌に良いオイルの代表で、

鮫の肝油等からとれる「動物性オイル」とオリーブや

ベニバナからとれる「植物性オイル」に分けられます。

スクワランは元々人の体にある成分の為、

肌への刺激がほとんど無くどんな肌質の方も使える成分として人気が高いです。

クレンジング剤の成分としてよりオイル単体で販売される事が多いのですが、

クレンジングとしても使える肌に優しいオイルです。

 

水で簡単に素早く洗い流すことができるオイルクレンジングには、

必ず肌へ負担となる合成界面活性剤が使用されています。

メイクとなじみやすく、肌への負担があっても、

簡単に洗い流すことができるようにするには、

合成界面活性剤による洗浄力が必要です。

当然、肌にはそれなりの負担となり乾燥・肌荒れなどの原因にもなります。

オイルはクレンジングは合成界面活性剤が入っていないと

オイルのヌメリが取れず、洗いあがりがさっぱりしないのがことが多いです。

また、合成界面活性剤の中には、

肌に刺激の少ない合成界面活性剤が使用されているものもありますが

それでも敏感肌、アトピー肌の方には肌に合わないことが多いです。

※オイル成分は肌に悪いものと肌に良いものが両極端に分かれます。

界面活性剤不使用のオイルクレンジングおすすめ5選

肌に負担が少ない、界面活性剤不使用のクレンジング

を選んでみました。参考にして下さい。

①THREE クレンジング オイル 185ml

天然由来成分98%

本体価格:4,500円 (税抜)

②THREE バランシング クレンジング オイル 200ml

天然由来成分 88%

本体価格:4000円(税抜)

③THREE バランシング クレンジング オイル R 185ml

材料100%天然由来/原材料12%有機栽培

本体価格:4,200円 (税抜)

公式サイト

④無添加工房OKADA さとうきびスクワラン100% 岡田クレンジング 

肌に負担をかけない、天然さとうきび由来100%の肌にやさしいメイク落しです。

公式サイト

本体価格: 120ml 3,500円(税抜)

⑤ハーバー スクワクレンジング 240ml

スクワランたっぷりの贅沢メイク落とし

しっかりマスカラ、ポイントメイク、口紅これ1本でOK

本体価格:4070円(税込)

公式サイト

界面活性剤不使用のおすすめオイルクレンジングの一部です。

自分に合ったものを選ぶ参考にして下さい。

50代はお風呂でオイル美容をプラス

オイルクレンジングや美容オイルの使用だけでも

肌は変わってきますが、美肌を求めてさらにプラスして行ってください。

50代の方は特にお風呂でのオイル美容がおすすめです。

<お風呂でオイル美容>

①油分が少なくなってきた肌には、お風呂の温度は41~42度くらいに設定

②洗顔後、タオルで顔の水分を拭き、美容オイルを顔全体になじませます。

③クルクルと優しくマッサージをしながら伸ばしてください。

④顔のコリや肌のゴワゴワ感を感じるところは念入りに。

④オイルを伸ばしたら手のひらで顔を包み込み優しく圧をかけてください。

⑤手に残ったオイルは首やデコルテに伸ばし、そのままの状態で入浴します。

湯船に浸かる時間は5分~10分がオススメです。

湯気がスチームになり保湿効果UP。

お風呂から出る時はぬるま湯でオイルを軽く洗い流したり、

蒸しタオルなど拭き取ります。

⑥最後はいつも通りしっかり化粧水や乳液で保湿を行ってください。

 

<ヘアにも美容オイルケア>

お風呂で顔にオイルを塗ったついでに、髪の毛の毛先などのダメージをの

気になる部分にもオイルを馴染ませて数分間放置します。

その後流せばさらさらなツヤ髪になります。

美容オイルはお風呂場での保管はNG

お風呂に持ち込むのは基本的にNG。劣化の危険性があります。

オイル美容をする場合には、

バスルームのドアの外にオイルを置いておき、

手にとってから素早く容器を閉めてまたドアの外に戻しましょう。

酸化しにくい、劣化しにくい美容オイルもありますが、

美容オイルは、基本的に高温多湿、直射日光の当たるところでの保管はNGです。

美容オイルはお風呂場で保管したり、お風呂場に近い場所で

保管することで性質が劣化しやすくなります。

湿度が多い場所は雑菌が繁殖しやすいため、

美容オイルに菌が入り込むこともあるかもしれません。

気がつかないうちに、美容オイルで肌トラブルが起こる可能性が高いです。

直射日光の当たらない冷暗所に保管してください。

酸化しやすいオイルを使う場合には、冷蔵庫で保管するのが良いです。

オイルパックで分厚くなった角質を取ろう。

肌がゴワゴワする。毛穴の黒ずみが目立つ。

毎日、しっかりクレンジング・洗顔をしていても、

スキンケアの効果が実感できないと感じている方は

角質肥厚、毛穴の汚れがキレイに除去できていないかもしれません。

お風呂でオイル美容が中々できない方は

一度オイルパックして見てください。

美容オイル(例えばアルガンオイル)を塗りさらに

蒸しタオルをのせることで、硬くなった角質が柔らかくなり、

毛穴の汚れが浮きやすくなるので、定期的に行うことをおすすめします。

特に毛穴がが気になる場合は

週に1回、洗顔後に美容オイルを毛穴の気になる部分に、

やや多めにつけマッサージし、オイルが馴染んだところで

蒸しタオルをのせます。

3〜5分ほど置いたら、タオルでオイルを軽く拭き取り、

化粧水などいつものスキンケアを行います。

オイルが毛穴の汚れ残りや、こびりついた古い角質をすっきりと

浮かし落としてくれます。そのうえ肌にオイルが浸透することで、

弾力のある柔らかい肌になるという効果も期待出来ます。
 
スポンサードリンク




50代からはこまめに水を飲む事。

今まで水分をあまり取ってこなかった方は

50代からは特に水分を多めに取ってください。

※水分は水かお茶です。

エイジング予防に効果的な方法はこまめに水を飲むこと

習慣づけるようになってください。

水を飲むことで内側から肌へ潤いを与え、

血液の循環を良くし老廃物の排泄を促します。

ナース美奈子のまとめ

40代の肌と50代の肌はさらに油分が減って来てますので

美容オイルを是非取り入れてください。

50代になったら、クレンジングにも気を使って頂いて

今までのスキンケアにプラスしてお風呂でも

オイル美容ケアをすることをお勧めします。

美容オイルはブースターに使うと美容成分がたっぷり入った

化粧水や乳液を使用することでぐんぐん肌に浸透していきますので、

もちもちの肌に変わっていきます。

それでも乾燥が気になる方はスキンケアの最後に

美容オイルで閉じ込めて見てください。

自分に合った美容オイルを見つけていつまでも美肌を保ってください。

最後まで読んで頂きありがとうございました(*^▽^*)

 

美容オイルの選び方や正しい使い方などは

※40代の肌を若返らせる美容オイル!保湿と弾力を高めるオススメ7選

※今人気の美容オイルは効果が無い?正しい使い方と選び方/おすすめ3選

※美容業界が注目している魔法のオイルとは?バオバブオイルおすすめ4選

を参考にして下さい。

 

スポンサードリンク




 

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村


美容皮膚科ランキング

日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
良かったら応援してください(#^.^#)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサードリンク

follow us in feedly

検索

RSS 最近の投稿

コメントを残す

*