スキンケア

次世代レチノールと注目されているバクチオールは効果なし?おすすめ2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シワ改善・エイジングケアにおけるスキンケアで

最も効果的なのもと言えば、「レチノール」が有名ですが、

最近、アメリカでエイジングケア成分と言えば、

「バクチオール」という成分が注目を浴びています。

機能性の高い効果から海外では、既に有名です。

日本でも美容に高い関心を持つ女性たちの間でも話題となっています。

バクチオールは「次世代のレチノール」といわれ、

今まで、レチノールが使えなかった敏感肌の方でも使用でき

美容業界でも注目を集めています。

今回、バクチオールとはどんなものなのか、効果はあるのか、

レチノールとバクチオールの違い、バクチオールのデメリット、

バクチオール配合made in Japanおすすめ製品など解説しています。

スポンサードリンク



レチノールとは?

初めに、レチノールの事を書いておきます。

レチノールはビタミンAの一種です。

シワ対策にピンポイントな効果をもたらすことが特徴。

​​ターンオーバーを加速させ、肌内部のハリを支えるコラーゲンなどの生成を促し

肌の弾力アップ、シワ、くすみの改善、肌荒れ、ニキビ改善する効果、

様々な肌悩みに効果を発揮することから、

トータルエイジングケアを目指すことができる成分として知られていて、

厚生労働省からシワの改善が認められた成分として有名になりました。

 

美容医療の分野では、レチノイン酸としてピーリングや外用薬として利用されています。

医療機関で使用されている薬剤より濃度は薄いですが、

市販の化粧品の中にもレチノールを配合したものもあります。

市販の化粧品にはレチノールを配合して、販売されていますが

レチノールはクリニックで販売されているトレチノインの100分の1程度

それでも、レチノールの効果は高いです。

 

その分デメリットもあり、

ビタミンAに反応することでヒリヒリして赤みが出たり、

肌をターンオーバーする作用が強いため、皮膚が剥けやすくなったり、

刺激を受けやすくなったりします。

皮向けが強いほど効果は大きいですが、その間メイクができない、日焼けがNGなど

一時的に肌荒れを起こしてしまうことがあります。

特に敏感肌の人には刺激が強いため、レチノールの使用が出来ない事が多いです。

 

また、光や熱に弱い性質の為、日中ケアには向いておらず、

夜だけ使用をおすすめしている商品が多いです。

併用する化粧品にも気を付けなくてはなりません。

特にビタミンCを含む化粧品とは併用不可とされている場合が多いので注意して下さい。

レチノールは即効性があり高い効果が期待できますが、

使用するにあたり十分な注意が必要です。

バクチオールとは?

バクチオールとはオランダビユというマメ科の植物から抽出される天然成分です。

アーユルヴェーダや中国医学で昔から使用されており、

漢方では『補骨脂(ほつこし)』と呼ばれいます。

光や加水分解に対し安定・安全性が強く、

肌に与える働きが「レチノール」と同様の働きをすることがわかっており、

次世代のレチノールと言われています。

 

レチノールに比べて肌への働きかけが緩やかなことから、

敏感肌の人でも使いやすく、肌を労わりながらエイジングケアすることができる

画期的な成分です。

※バクチオールはビタミンAの進化版ではなく、レチノールとはまったく違う成分です。

バクチオールの特徴と効果

即効型のレチノールと異なりバクチオールの肌ケアの実感は積み上げ型。

毎日朝晩スキンケアに取り入れられるので肌土台をゆっくり確実に整え、

年齢に左右されない、安定した肌を作り上げます。

●コラーゲンを生成を促す

バクチオールがコラーゲンを生成する細胞にアプローチします。

コラーゲンは肌のハリを保つ効果があるため、

バクチオールを肌に補うことで、ピンとハリのある肌を目指すことができます。

●肌の保湿と補修に効果的

バクチオールは植物から抽出した天然成分で、ビタミンEが多く含まれています。

ビタミンEは、肌の保湿と補修に効果的です。

年齢を重ねると肌が乾燥して、それが原因で肌の修復機能も衰えます。

年齢とともに衰える肌をケアしてくれるのがビタミンEです。

●日中も使用できる

朝から夜まで一日を通して使えます。

レチノールは、熱や紫外線・酸素に弱く不安定であるため、

日中のお手入れで使うことができません。

一方、バクチオールは成分が安定しており紫外線にも強いため、

日中の外出前や夜など時間帯を選ばず一日を通して使うことができます。

●肌への刺激が低く、敏感肌の人でも使える

レチノールは敏感肌の方が使用すると皮が剥けたり、赤みが出ることがあります。

バクチオールはマメ科の植物オランダビユから抽出した植物由来の天然成分です

肌への刺激が少なく、敏感肌、乾燥肌の方にも使いやすいのが特徴です。

●抗炎症や抗酸化作用、抗菌作用がある。

バクチオールはレチノール様作用があるだけではなく、

抗炎症や抗酸化作用を期待することができます。

肌荒れなどは、皮脂汚れや雑菌の繁殖などが原因となり起きてしまいます。

バクチオールには抗菌作用があり、肌を健やかに保つ効果があります。

ターンオーバーが活発で肌荒れ知らずだった人も、

年齢を重ねるにつれ肌荒れを感じる機会は増えていきます。

肌荒れが起きてから対処するのではなく、

バクチオール配合の化粧品を使うことで、

普段から健康的な肌状態を保つことが大切です。

スポンサードリンク



バクチオールのデメリット

●肌トラブルが起こる可能性がある

バクチオールは植物由来の成分であるため肌への刺激は少ないのですが、

稀に肌トラブルを起こしてしまう方がいます。

敏感肌の方は新しい成分を試す際に必ずパッチテストを行い

自分に合うかどうかを判断することが大切です。

●効果を実感するまでに時間がかかる

即効型のレチノールと異なりバクチオールの肌ケアの実感は積み上げ型。

バクチオールは植物由来のマイルドな成分であるため、

レチノールのような即効性はありません。

バクチオールはゆっくりと肌を土台から整えるようなイメージであるため、

効果を実感できるまでに時間がかかります。

レチノールのように短時間で効果を実感したい方にとっては

デメリットになると思います。

話題のバクチオールを配合した国内生産製品 を発売

海外で話題の「バクチオール」という成分は、

アメリカで2018年頃からレチノールと同等の効果がありながらも

肌への刺激が少ないことからスキンケアに配合できる事を知り、

海外化粧品には、天然しわケア成分「バクチオール」を配合しています。

自然由来でありながらレチノールと化学的機能が近く、

コラーゲンの生成を促すレチノールと似たの働きをする「バクチオール」は、

去年、日本でも、日本人の肌に合うように「バクチオール」を

配合した化粧品として商品化し発売されました。

大手化粧品メーカ―でもバクチオールを取り入れるブランドが急増しています。

2021年に入り、

バクチオールを配合したmade in Japanの商品が販売され

美容業界や敏感肌でお悩みの方からも注目されています。

海外の有名なバクチオール

現在、百貨店で販売されているバクチオール成分配合のほとんどが

輸入品でありますが、今後日本製の商品も数多く出てくると思います。

●バクチオール レチノール オルターナティブ セラム

<ハービヴォア ボタニカルズ>

シアトル発の100%ナチュラルなスキンケアブランド

 

只今、yahooショップにしか取り扱いされていません。

バクチオールを配合したスキンケア製品(made inJapan)

①BAKUCHIS

バクチオールを配合し、小じわや色ムラ、たるみ、ほうれい線を

ケアするスキンケア製品「BAKUCHIS」2020年9月に発売。

「BAKUCHIS」は、若見え研究家の大畑綾子が「バクチオール」にこだわり、

日本人の肌に合うように研究者と研究改良、開発した

メイドインジャパンのスキンケアアイテム

【商品名】BAKUCHIS

【発売日】2020 年 9 月 1 日

【価格】7,800 円(メーカーオープン価格)

只今公式サイトのみの取り扱いです。

公式サイト

② ホワイトラッシュ バクシア モイスチャー アップ クリーム 

 

【商品名】ホワイトラッシュ バクシア モイスチャー アップ クリーム

【発売日】2021 年 2月 1日

【価格】20g / 3,080(税込)

レチノールはエイジングケア効果が期待され化粧品に多く含み、

数多くのブランドによりリリースされてきましたが、

刺激を強く与えることから人によっては

ヒリヒリ感や赤みが出たりなど、肌荒れなどの副作用があったりしましたが、

バクチオールは、植物由来のマイルドな成分であるのもかかわらず

レチノールと同じ効果があるのは素晴らしいです。

また、強い抗酸化作用、抗炎症作用、抗菌作用に優れているので

今までレチノールが使えなかった敏感肌の方や

レチノールはちょっと怖いという方にも安心して試してもらいたいです。

バクチオールの成分は、健康的に本来持つ力を植物由来の天然成分で実現できる

現代が求める究極のスキンケアのように感じます。

しかし、レチノールが問題なく使える方、

レチノールのように短時間で効果を実感したい方にとって

バクチオールはおすすめではないです。

自分に合ったスキンケアを選んで下さいね(*^▽^*)

最後まで読んで頂きありがとうございました(#^^#)

スポンサードリンク




にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村


美容皮膚科ランキング


アンチエイジングランキング

日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています

良かったら応援してください(#^.^#)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

follow us in feedly

検索

RSS 最近の投稿

コメントを残す

*