アンチエイジング

年齢別、首のシワ、たるみの取り方/スキンケアから美容医療の治療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の中でも首や手の甲は年齢が出やすい箇所です。

20代、30代、40代、50代、60代の方の首のシワは

年齢別でのケアの仕方があります。

首は顔と違って少しスキンケアに手を抜きがちですが、

実は顔のスキンケアと同じように手をかけなければいけないのが首のケア

芸能人の方でもいつまでも顔も首も美しい人と

顔は美しいけど首に年齢を感じる方も様々です。

首の皮膚はとても薄くて、顔の皮膚の半分から3分の2ほどしかないです。

10代、20代は肌の弾力、張りがありますが、

30代からはケアをしないと一気に首のシワ、たるみが出てきます。

今回は年齢別に、首のシワ、たるみの取り方や予防の仕方

美容医療での治療法まで解説していますので是非参考にして下さい(#^^#)

スポンサードリンク



首のシワ、たるみの原因

首の皮膚は顔の皮膚よりも薄いので、一旦、肌のハリが失われてしまうと、

顔よりもしわになりやすいのです。

首のシワ、たるみの原因はほとんど一緒です。

原因

●加齢による筋肉のたるみ、表情筋の低下

●年齢によるコラーゲンの減少

●枕の高さと日頃の姿勢

●紫外線によるもの

●乾燥

 

顔の筋肉のたるみ

顔の筋肉のたるみは、主に加齢によって起こります

顔の筋肉のたるみによって顔の皮膚がたるみ、それが首に至ることで

首の皮膚もたるんでシワになっていきます。

筋肉の衰え=首のシワ

●口輪筋(こうりんきん)

口の開閉に使われる表情筋。衰えると口が開きやすく、たるみの原因に。

●広頸筋(こうけいきん)

口元からあご、鎖骨まで広がる表情筋。口角を下に引く動きをする。

●胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)

広頸筋の奥にあり、耳の後ろから鎖骨まで広がる。重い頭を支える。

※筋肉を鍛えることで予防、改善につながります。

コラーゲンの減少

肌に弾力やハリを与えるコラーゲンは、紫外線や加齢などにより

どんどん減っていきます。コラーゲンが減ると、ほうれい線や

ゴルゴライン、シワなどが目立って来るだけではなく

首のシワに原因にもなってます

コラーゲンが減少する原因

  • 加齢によるコラーゲンを作り出す力の衰え
  • 紫外線や活性酸素の増加
  • 食生活の乱れ

 

枕の高さや日ごろの姿勢

枕の高さが合っていないことも、首のシワの原因となります。

枕が高すぎると、寝ている間ずっと首が曲がった状態になります。

横ジワが深く刻まれた状態が続くことから、深い首のシワが

刻まれやすい傾向にあります。

首にシワが寄りやすい姿勢として、首を曲げて下を向く姿勢があげられます。

たとえば、長時間のスマホ・パソコンによる猫背等の影響で

深い横ジワが入ってしまうことが多いです。

紫外線

紫外線は「シミ」や「日焼け」の原因だけではなく、シワをつくる原因にもなります。

紫外線のダメージはお肌の乾燥を加速させてしまうため、

紫外線をたくさん浴びてしまったことが原因

乾燥

首だけに限りませんが、肌が乾燥するとしわができやすくなります。

首は皮膚が薄いため乾燥しやすく、しわもできやすいです。

若い方であっても乾燥肌であったりすると、首のしわが出来やすいです。

10代、20代の方でも首にシワ

近年増加している「スマホ首」が首のシワや肩こりの原因になっています。

ダラダラ長時間見るのではなく、少しでもうつむく時間を減らしてください。

寝ながらテレビを見る機会が多い人は注意が必要

高めの枕をしてテレビを見ると、首にかなりシワがある状態に

なっていることが分かると思います。

このように、首を曲げた状態の姿勢はシワができた状態を

キープしてしまうことになります。

寝る時の枕の高さは重要です。枕の高さを見直すことも効果的です。

枕の角度は15℃が理想。それ以上高いとシワが出来てしまいます(◎_◎;)

10代、20代の方は肌の弾力がありますので改善は早いです。

同じ姿勢をしない努力をして下さい。

普段の行動を治しても、シワが気になる方は、

30代の方のスキンケアを参考にして下さい。

※20代からの首のスキンケアは

10年後スキンケアをしている人としていない人の差は確実に出てきます。

30代からの首のシワ予防と改善

 

●スキンケア

首のシワは1回エステに通ったぐらいでは治らないので、

セルフケアを中心に毎日ケアしていく事がおすすめです。

首は顔の一部だと意識を変えて見てください。

お手入れ方法を見直すだけでも変化がみられてきます。

顔のスキンケアと一緒に首元にも化粧水、美容液、乳液、クリームをつける。

そして朝は、顔のUVケアと同様に首もしっかりと行う。

1~2週間に一度の角質ケアやパックなど

紫外線予防に秋冬はストールやマフラー、春夏はスカーフやショールなど活用も・・・

●枕の高さ、姿勢の見直し

枕の高さを調節し、長時間のスマホやPC作業は避けるようにして下さい。

●乾燥させない。

乾燥によって引き起こされる小さなシワは、しっかりと

保湿をすることで予防できます。

また、汗をかいたまま放置することは肌の乾燥を招きます。

それは、汗が蒸発するときに、肌の水分も一緒に奪われてしまいます。

運動後や暑いときなどは首を伝うほどの汗をかくこともありますが、

こまめに拭くようにして下さい。拭くときはこすらず、

タオル、ハンカチなどで、抑えて汗を吸い取るようにして下さい。

日焼け止めを塗りなおしてください。

●顔と首のエクササイズ

1日に3セットを目安に行ってください。(何度でも暇なときに)

エクササイズ 1

上を向いて、舌を根っこから持ち上げて10秒キープします。3回で1セットです。

エクササイズ 2

「イーッ」と声を出しながら、口角を引き上げます。

首の胸鎖乳突筋が横に引っ張られる感じで、指で首を触ると

筋肉がきちんと張っていればOKです。

●首のリンパマッサージ(血流をUPさせる)

首のシワを解消するためにはリンパマッサージが効果的です。

リンパ液の流れが悪くなり、リンパの流れが滞ると、

首がむくんで太くなってしまい、進行するとシワになりやすくなる

リンパマッサージにより、シワの防止、改善に役立ちます(*^^)v

リンパマッサージは皮膚を引っ張ったり、力を入れてもむと逆効果。

かえって皮膚に負担を与え、シワやたるみの原因となる可能性があります。

力を入れず、軽く押す、優しくゆっくり行ってください。

手順

保湿力の高いマッサージクリームを使用する(フェイスクリームでもOK)

1. クリームを500円大ほど手に出し、首全体に優しく塗り広げる

2. 耳たぶの付け根のくぼみから鎖骨に向かって手を滑らせ、リンパを流す

※ 指だけを使うと過度な力が加わってしまうため、手のひらで包み込むように行う

3. 上から下のストロークで首全体をマッサージする

4. 鎖骨の中央から外側に向かって老廃物を流す。

※この時の手は右手は左側の鎖骨を左手は右側の鎖骨をして下さい。

5. 外側に向かったその手をそのまま、脇の下に手を滑らせ、さらに老廃物を流す。

(お風呂上がりなどの血行が良い状態で行うのが効果的)

●首のピーリング

普段ケアをしていない人は顔用のスクラブを使って首の角質を落とすだけでも、

かなり変わりますので試してみてください(#^^#)

オススメのピーリング石鹸はサンソリットのスキンピールバーです。

スキンピールバーのピーリング石鹸にはAHAなど酸が含まれています。

ピーリング石鹸については

※頑固な鼻の毛穴の黒ずみの除去方法と黒ずみの原因別治療方法

ームケアで背中のニキビが美容皮膚科と同様に効果を出す方法

に書いてますので参考にして下さい。

首のピーリングは毎日はしないでください。1週間に一回ぐらいでOKです。

※30才から生活習慣の見直しをすることで、今ある軽度の

首のシワは改善出来ます。

※深いシワがある方は40代のケアを参考にして下さい。

 

スポンサードリンク




40代からの首のシワとたるみの改善方法

40代になるとシワだけではなくたるみも出てきます。

40代のなると30代のスキンケアにプラスして考えてください(#^^#)

コラーゲン繊維の老化によるたるみで首の横シワが出来ます。

コラーゲン繊維を増やすように働きかける成分の美容液を使うのが1番良いです

コラーゲン繊維を増やす成分とは・・・

レチノール(ビタミンA)が入っている美容液が一番良いです。

次に良いのがビタミンC誘導体です。

レチノールが入っている美容液はたくさんありますが、

おすすめの美容液は

●ビーグレンの「レチノA」

♪【b.glen】 ビーグレン QuSomeレチノA 15g<美容液・ビタミンA美容液><bglen>

価格:7,128円
(2018/11/18 12:19時点)

公式サイト:ビーグレンの「レチノA」

 

●ビーグレン エイジングケアトライアルセット:レチノール配合

公式サイト:ビーグレン エイジングケアトライアルセット

シワを改善するおすすめの成分はたくさんありますが、

深く刻まれた「真皮のしわ」でおすすめの成分は

やはり、レチノールやビタミンC誘導体です。

覚えておいてくださいね(#^^#)

これらの成分はコラーゲンやエラスチンを作り出す

繊維芽細胞の働きをサポートしてくれます。

●サプリメント

食事で十分なタンパク質をとれればそれが一番良いです。

コラーゲンをたっぷり含む食材と言えば、手羽先や鳥皮、豚足、モツなど

に多く含まれています。またコラーゲンの吸収を良くするためには

ビタミンCも一緒にとる事が大切

しかし、脂質やカロリーの少ないタンパク質をいつも取る

のも現実はなかなか難しいと思います。

そんな時にはサプリメントを有効活用しましょう。

●美顔器を使ってみる

※40代からは美顔器の使用も良いです。

(美顔器の使用は早めから使用すると予防効果は大きいです)

オススメの美顔器

エステナードリフティ

 

公式サイト:エステナードリフティ

 

②ララルーチュレジーナ

公式サイト:ララルーチュレジーナ

 

50代からの首のシワとたるみのスキンケア

50代~60代の方は肌の弾力、ハリはもっとなくなってきます。

いつまでも若々しい芸能人や女優さんなどのような美意識の高い方々は、

若い時から顔だけではなく首から胸元にかけてのデコルテケアも行っています。

今からスキンケアを始める方は30代、40代からのスキンケアをまねてください

少しはましになってきます。年齢に関係無く、深く刻まれた首のシワ

は美容医療の力を借りるのが1番早いです。

 

誰にもバレずに美容医療で首のシワを改善

 

●ウルセラシステム

「切らないネックリフト」 として公的に認定されている唯一の治療

ウルセラシステムは2004年にアメリカで開発。

臨床実験を重ねた結果、有効性や安全面が立証され、

2009年、唯一FDAの認可を取得しているタルミ治療器です。

タルミ治療に効果がある医療マシンとして認可されました。

切らずに首、あご下のリフトアップが出来る治療として、

ウルセラを公的に認定しました。

ウルセラのネックリフト効果とは大きく分けて4つあります。

①首のシワ改善
②あご下たるみ改善
③フェイスラインのもたつき改善
④小顔効果

あご下にウルセラをかけることにより、首の皮膚が引き上げられ

首のシワ、あご下のタルミが改善します。

※類似品に注意してください。

「ウルセラシステムの進化版」とうたわれたリフトアップ機器による

施術もあるようですが、ウルセラシステムとは製造国・製造元も取り扱い業者も異なります。

●PRP療法

自分の血液から採取した血小板を皮膚に入れ、

その血小板から放出される成長因子によって肌の再生を促す方法です。

持続期間は約2年ほどと長めで、自然な仕上がりです

●ヒアルロン酸注射

しわ部分にヒアルロン酸を注入して、凹みを目立たなくする方法です。

硬いヒアルロン酸では凹凸が出てしまうため、

柔らかいヒアルロン酸を使用します。肌に元々ある成分なので

副作用のリスクは低く、約半年経つと体内に吸収されていきます。

ただ、美容クリニックによって使用するヒアルロン酸の種類が異なり、

安く低品質なヒアルロン酸注射である可能性もあるため、

安すぎるヒアルロン酸注射には注意が必要です。

●美肌注射(クリニックによってネーミングは変わります)

培養上清液(ヒト細胞由来幹細胞)を用いたお肌の再生治療です。

タンパク質を中心とした数種類の有効性因子をお肌に注入し、

コラーゲンやヒアルロン酸産生量の増強を促すことで、

顔や首などのシワ、ちりめんジワ、

肌の凹み(ニキビ跡やクレーター等)の改善を行います。

また、お肌の内部にコラーゲンが増えるとハリ、潤い、

透明感アップといった美肌効果も期待できます。

●糸を使ったリフトアップ

毛羽立った溶ける糸を挿入することで、切ることなく

首もとのたるみやシワ、肌質を改善します。

糸の挿入により血流改善とコラーゲン産生が促進され、お肌にハリや潤いを与えます。

ナース美奈子のまとめ

首のしわ対策で大切なのは、紫外線対策やマッサージ、

首にしわを作らない姿勢を心がけてあげることです。

特に紫外線はしみ・しわ・たるみの元凶なので、

地道な紫外線対策が未来の首の美しさを左右します(#^^#)

美容医療でせっかく、シワ、たるみを改善しても

しわができやすい生活を続けていては意味がないです

ケアを忘れがちだと年齢が一気にでる首元のしわ、たるみ

しわが深く刻まれる前に予防&対策を行いましょう。

1日も早く美しい若々しい首になってください。

今回は年齢別にスキンケアの方法を書いて見ました。

最後まで読んで頂きありがとうございました(#^.^#)

 

スポンサードリンク



にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村


美容皮膚科ランキング

 

日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
良かったら応援してください(#^.^#)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

follow us in feedly

検索

コメント

コメントを残す

*