タトゥー、刺青除去

最新治療!カラータトゥー(刺青)が消せるピコレーザー/期間と価格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ファッションとしてのタトゥーの認知も進み、あこがれの有名モデルをまねて、

おしゃれ感覚でタトゥーを入れる女性も増えています。

タトゥーを入れたはいいものの、

就職、結婚、妊娠、出産といったライフイベントを迎えるときには、

タトゥーを隠しきれず、タトゥーを消したいと悩まれて

美容クリニックに足を運んで来ます。

殆どの方が手術ではなく、レーザー治療で消したいと希望されます。

気軽に入れたタトゥー(刺青)でも後々消したいと思う方が

たくさんいらっしゃいますが、一度入れたタトゥーを除去するのは簡単では無いです。

従来のレーザーでは、きれいに取り除くのは非常に難しいですし、

ある程度消すことができてもそのための傷あとが残ってしまう

というのはままあることです。後遺症に苦しむ方もいます。

美容医療では、刺青を除去するレーザーも進化しています。

ついに、最新治療であるカラータトゥーが消せる「ピコレーザー」が登場しました。

高い効果を期待できる治療として注目を集めています。

是非参考にして下さい。
 
スポンサードリンク



タトゥー(刺青)とは

一般的に刺青は肌に入る針が深く、タトゥーは針が入る深さがとても浅いです。

多くの温泉やプールではタトゥー(刺青)がある人はお断りであり、

保険の加入も種類によって断られることもあります。

一般的な職業でも「タトゥーが入っている」というで敬遠されることもあります。

またインクの成分によってはMRI検査を受けることができない場合もあります。

どちらにしても、真皮に入れた染料を完全に消すことは容易なことではありません。

タトゥーはファッションとして認知されているものの、

まだまだ、日本ではタトゥーや刺青は、オシャレではなく

反社会的という烙印を捺される環境にあります。

 

タトゥー(刺青)の彫り方の種類

タトゥー(刺青)を彫るのには大きく2種類に分けられます

・手彫り
・機械彫り

手彫りは先端に針を何本か束ねた棒状の道具で肌を刺して色素を入れる施術方法です。

機械彫りは、針を刺すのが、手ではなく機械(タトゥーマシン)を用います。

 

タトゥー(刺青)除去の種類

●切除治療:タトゥーのある箇所の皮膚を切り取って縫い合わせる
 (ワンポイントなど、小さ目のタトゥーや幅の狭いタトゥーに適応)

●皮膚移植治療:タトゥーのある箇所の皮膚を切り取って他の部位の皮膚を移植する方法
(タトゥーの除去には基本的に不向き)

●削皮治療(アブレーション):タトゥーのある箇所の皮膚の表面を削る方法
(切除手術だと後遺症のリスクがある広範囲のタトゥーに適応)

●レーザー治療:黒などレーザーが反応しやすい色で、入っている墨の量が少ないタトゥー
(従来のレーザーで消せるタトゥーの色は、黒や濃い青、赤のみ)

 

最新治療!ピコレーザーとは

従来のレーザー治療では完全にタトゥーを除去することが

難しいと言われていましたが、近年は技術も進歩しているので、

完全な除去、多色のタトゥーへの対応も出来るようになりました。

ピコレーザーはその名の通りピコ秒(1兆分の1秒)だけ、

レーザー照射をすることが由来になっていて、肌への負担が非常に少ないです。

従来のレーザーよりも照射時間が短い分、効果が低いのかというとそういうわけではなく、

むしろその効果は高くなっているだけではなく、

レーザーが真皮層を刺激することによる肌への効果や、

ダメージのある肌を生まれたての新しい肌に入れ替える効果もあるため、

総合的な美容効果の高いレーザー照射です。

 

ピコレーザーの特徴

●従来のレーザーでは破壊できなかった皮膚の奥深くのインクの粒子を破壊できる

●従来は黒や赤しか除去できなかったものが、

ピコレーザーでは緑や黄色、ピンクなど様々なカラーにも反応できるようになりました。

 

ピコレーザーの種類

タトゥー除去で使用する主なピコレーザーは、以下の5種類があります。

  • ピコシュア (サイノシュアー社)
  • ピコWAY (シネロンキャンデラ社)
  • エンライトン (キュテラ社)
  • スペクトラピコ(ルートロニック社)
  • ピコレーザー エンライトンⅢ(キュテラ社)

ピコレーザーと一括りにいっても、機器によって特徴も異なりますので、

タトゥーの色によっても適応がことなります。

 
スポンサードリンク



タトゥー(刺青)の色と×反応する波長

<波長(nm)>

紫・・・380~430mm
藍・・・430~460mm
青・・・460~500mm
緑・・・500~570mm
黄・・・570~590mm
橙・・・590~610mm
赤・・・610~780mm

<タトゥーの色に反応するレーザー>

●YAGレーザー(1064nm)(532nm)・・・黒と赤は、青、緑、黄は

●ピコシュア・・・黒は 赤は 青、緑、黄は

●ピコWAY/エンライトン・・・黒、赤は 青、緑は✖ 黄は

●スペクトラピコ・・・黒、赤、青、緑、黄、全て

●ピコレーザー エンライトンⅢ・・・黒、赤、青、緑、黄、全て

※黒や濃紺の単色の場合は、1,064nm波長の照射のみで反応しますが、

カラーの場合は補色のレーザー光によって除去することになります。

※最新レーザーはピコレーザー エンライトンⅢですが、

刺青治療をされているクリニックは、

ピコレーザー エンライトンⅢでなくても

全ての色に対応できるレーザーを取り扱っているのが殆どです。

まずはHPを見て確認してくださいね(#^^#)

<補色のレーザー光の例>

緑色タトゥーは 660 nm (赤色のレーザー)
青色タトゥーは 595 nm (黄色のレーザー)
赤・黄・オレンジ色タトゥーは 532 nm (緑色のレーザー)
黒色タトゥーは 1,064 nm(赤外光のレーザー)

 Qスイッチヤグレーザーとピコレーザーの期間と回数

Qスイッチヤグレーザーとピコレーザーでは、

波長とパルス幅が異なるため、除去できるタトゥーの種類と

除去できる期間が変わります。波長は除去できるカラーに影響し、

パルス幅は除去できるまでの照射回数が変わります。

 

●ヤグレーザー

ヤグレーザーでタトゥーを除去するのに必要な期間と回数は、

最低3ヶ月おきに5回程度の照射で除去できる可能性があります。

自彫りのタトゥーの場合、タトゥーが入っている層が浅いため、

ヤグレーザーをする場合が多いです。

従来タトゥー除去において主流になったレーザー機器です。

除去できるタトゥーのメインは黒色で若干ではありますが、

濃い緑や濃い赤にも反応することがあります。

3ヶ月空けなければいけないのは、皮膚の修復に3ヶ月ほどの時間を要します。

タトゥー除去までの期間は5回照射で最低で15ヶ月ほどといえますが、

15ヶ月で除去できない場合もあり、何年間も照射を続けなければならない場合もあります。

 

●ピコレーザー

ピコレーザーでタトゥーを除去するのに必要な期間と回数は、

最低2ヶ月おきに3回程度の照射で除去できる可能性があります。

ピコレーザーはYAGレーザーと比べるとカラータトゥーも除去することが可能となり、

威力も上がっているので、機械彫りのタトゥーも除去出来ます。

 

※殆どの美容クリニックはレーザーの特徴がわかっているので

色々な種類のレーザーを併用して使うことがあります。

 

ピコレーザーのメリット

メリット

●傷跡が残ることはほとんどないです。

●1回1回の治療効果が高く、従来のレーザーでは5~10回ほど

かかっていた通院回数を減らすことができます。

※手彫りの場合は色素の入り方にむらがあり、実際に施術してみるまで

タトゥーの深さが分かりません。

浅ければ1~2回レーザーを当てるだけで取れますが、

筋膜の奥など深いところに墨を入れてしまっている場合は

回数もかかりますが、かなり難しいです。(´;ω;`)ウッ…

 

タトゥーの除去の相場

タトゥーの除去は保険適応外の治療になります。

自費診療なのでクリニックによってピンキリです。

レーザー治療費は、おもに刺青やタトゥーの大きさ(面積)で決められています。

レーザー機器の種類でも、費用が異なる場合もあります。

某美容クリニック(モニター料金)

面積  料金
1cm²     ¥26,000~
2cm²~5cm²  ¥30,000~
6cm²~10cm²  ¥38,000~
101cm²~150cm²  ¥72,000~ 

某美容クリニック(モニター料金)

1cm×1cm以下 ・・・ ¥20,000
2cm×2cm以下 ・・・ ¥30,000
3cm×3cm以下 ・・・ ¥40,000
4cm×4cm以下 ・・・ ¥50,000
5cm×5cm以下 ・・・ ¥60,000
6cm×6cm以下 ・・・ ¥70,000
7cm×7cm以下 ・・・ ¥80,000

値段はバラバラです。高いですね。(◎_◎;)

安い所では

5cm×5cmの大きさで1年間の治療フリーパスが49,800円、

倍の大きさの7cm×7cmだと88,000円という格安な費用で

治療を行っている美容クリニックもあります(#^^#)

 

※美奈子の勤めていた美容クリニックでは、

刺青に関しては、回数もお金もがかかるので、

広範囲の刺青に関してはハガキ1枚の大きさで3万円~の値段です

びっくり(◎_◎;)するくらい良心的です(*^^)v

まずこんな美容クリニックは他には無いと思います。

 

広範囲の場合は表面麻酔が必要になる事があります。

全てクリニックによって値段が変わります。

1回¥3,000~

タトゥーを取るには刺青の種類にもよりますが、

タトゥー入れたお金の10倍以上のお金がかかるのでは・・・(´;ω;`)ウッ…

 

ナース美奈子のまとめ

タトゥーや刺青は、皮膚にインクもしくは、

墨汁を注入することで、半永久的に模様や色を残します。

真皮内に注入するため、年齢を重ねても消えることは、絶対にありません。 

気軽に入れたタトゥー(刺青)でも後々消したいと思う方が

たくさんいらっしゃいますが、1回で取れることは殆ど無いと思っていた方が良いです。

従来のレーザー治療の半分の回数くらいで取れますが

何回かレーザーを当てなければいけないと思ってください。

そのかわり今までのレーザーと違って

最新治療!ピコレーザーはカラータトゥーが、素早く

きれいにタトゥーを除去することができます。

タトゥーを取りたいと思っている方は是非参考にして下さい(#^^#)

 

 最後まで読んで頂きありがとうございました(#^.^#)

 

スポンサードリンク




にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村


美容皮膚科ランキング

 

日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
良かったら応援してください(#^.^#)

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

follow us in feedly

検索

コメントを残す

*