スキンケア

40代4か月で美魔女と言われる美肌になる方法/正しいスキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代になるとしみや小じわ、たるみ、乾燥などが気になりはじめ

肌の老化が一気に出やすくなってきます。

いつも通り毎日のスキンケアをしていても効果を感じにくくなって来ていませんか?

同年代の方でも、美魔女と言われる美しく綺麗な若々しい肌の方も増えてきてます。

自分の周りにも、若々しいツヤ、ハリのある肌を見かけることがあると思います。

肌のお手入れをやっているかやっていないかの違いだけでは無いです。

いくら一生懸命お手入れをしてても、間違ったスキンケアをしている人は

若返り効果が表れていないだけでは無く、シミを濃くしたり、

小じわを増やしたりしています。

元美容ナースとして何百人の肌を見てきて感じるのですが、

正しいスキンケアをするだけで、40代の肌は若々しくなりますが

3か月~4か月で医療用スキンケアプログラムを行うことで

美魔女と言われる美肌になります。

今回は、40代の肌を美肌にする方法を書いていますので参考にして下さい。

 

スポンサードリンク



40代の女性が抱える肌悩みトップ5

40代になると今までとは違った肌の悩みが出てきます。

①シミ

②たるみ

③乾燥

④肌のハリ

⑤しわ

 

40代になったら肌に変化が・・・

●シミが濃くなった

40代の肌悩み第1位は「シミ」です。

30代から増え始めたシミが、さらに増えたり濃くなったりしてきます。

30代でシミのケアを怠っていたことで、

紫外線やストレスのよるダメージが肌に蓄積され

新たなシミができたことと、 今あるシミに紫外線が当たり、

さらに濃くなったことによるものです。

●ホルモンバランスの乱れ

なかなか消すことのできない「肝斑」が増えてくるのも

40代女性の肌の特徴です。

40代になるとホルモンの分泌が減少してきます。

ストレス、睡眠不足、食生活、運動不足、過度なダイエットなどの要因でも

ホルモンのバランスが崩れてきます。

ホルモンバランスが崩れると、大人ニキビが出来たり、

肌が乾燥したり、毛穴が開いたり、シミが出来たり肌トラブルが出てきます。

●肌の弾力低下、乾燥

20代後半から肌の水分と油分の両方が減少しています。

40代になるとコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンといった、

お肌のうるおいやハリや弾力を作る3大要素が大幅に減少してしまいます。

加齢と共にさらに減っていきます。

30代では肌の張りが無くなってきたと気づいていても

30代はシミや、毛穴の開きの方が先に気になる方が多いので

保湿を優先する化粧品を選んだりするのは後回しになっている方が多いです。

40代になると今までのスキンケアが浸透しにくくなったり、

乾燥していたり、肌表面がごわついたりしてきます。

30代までとは違い、肌の色が黄ぐすみしてきたり、

ツヤ感がなくなり冴えない感じがしたりします。

これは肌の酸化や糖化によるもので、肌老化の出始めたサインです。

乾燥して、うるおいが不足している状態は、シワやタルミの原因になります。

 

美肌を取り戻す方法

一番大切なことはまず洗顔方法です。

なんだ~って思われがちですが本当に大事なことです。

肝斑が見られる人の特徴は綺麗好きで、顔を一生懸命洗っている人が多いです。

そのために肝斑はさらに濃くなっています。

もう一度自分の洗顔方法が間違っていないか確認してください(#^^#)

 

洗顔の仕方

 

①洗顔料はたっぷりと泡立ててから使用して下さい。

洗顔ネットを利用すると早く泡立ちます。

②洗顔は撫でるように優しく洗ってください。

ゴシゴシこすらないでください。

お化粧や汚れを落としたいからとゴシゴシしてしまうと、

シミや肝斑が濃くなってしまいます。

肌のバリアも壊れてしまい、乾燥しやすくなってしまいます。

肌のバリアが壊れてしまうと、乾燥しやすくなるだけでなく、

肌に紫外線が入りやすくなり、肌老化、シミ、肌トラブルの原因は大きいです。

③洗顔はぬるま湯

お水が冷たすぎると毛穴がしまって汚れが浮き出てきません、

またお湯で洗うと保湿成分が流れてしまい

乾燥肌になります。顔をすすぐ温度は、20〜25度くらいがよいです。

④洗顔後はタオルで拭くのでは無く、「抑え拭き」タオルで抑えて水分を取る

擦らないように優しく行ってください。

肝斑の方は洗顔の仕方を変えるだけで今より薄くなっていきます。

⑤洗顔後のスキンケアを行う。

化粧水、美容液も優しく丁寧に肌を包み込むようにつけてください。

コットンを使用する場合も擦らずに優しくつけてください。

※洗顔の仕方は40代の人に限ってでは無いです。

全ての年代の人の洗顔方法です。

 

40代、美魔女と呼ばれる美肌になるには

美容クリニックで美肌を手に入れる

●ハイドロキノン

●トレチノイン

●ビタミンC誘導体

この3つで美肌は手に入れることが出来ます。

 

<4か月で美肌を手に入れられるもの>

●オバジ ゼオスキン

●オバジ ニューダーム

詳しくは

オバジ ゼオスキンの美白効果って本当にあるの?美容ナースが解説

4か月で生まれたての肌にオバジニューダームの正しい使い方

に書いてますので参考にして下さい

 

●ハイドロキノン

ハイドロキノンの美白効果は有名です。

シミの原因であるメラニン色素を作らせなくする働きがあります。

医薬品としてその美白効果が認められいていますが

ハイドロキノンが合わない方もいます。

そんな方には「ルミキシル」がおすすめです。

詳しくは

ハイドロキノンの17倍の美白効果!敏感肌の人も使えるルミキシル

ハイドロキノンの正しい使い方/美容ナースが解説

参考にして下さい(#^^#)

 

●トレチノイン

トレチノインとはビタミンA(レチノール)の誘導体です。

肌のターンオーバーを促進、皮脂腺の働きを抑え皮脂の分泌を抑える為、

ニキビ治療や肌のオイルコントロールに効果的

コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すため、小じわの改善を導き肌のハリがでます。

詳しくは

ターンオーバーを2週間にするトレチノインの正しい使い方

参考にして下さい(#^^#)

 

●ビタミンC誘導体

シミ、しわ、毛穴の開きに優れ、美白、抗酸化作用がかなりあります。

ビタミンC誘導には皮脂の分泌を抑える働きもあります。

脂性肌の方にとっては余分な皮脂を抑えてくれることで

大変有効な成分である反面、乾燥肌や敏感肌の方にとっては

刺激になってしまったり更なる乾燥を招く原因になる場合もありますので注意必要

ビタミンC誘導体の成分はとても優秀なので使わない手はないです。

使用後は保湿をしっかりしてください。

詳しくはビタミンC誘導体・ニキビ治療にも効果絶大を参考にして下さい。

 

しっかり効果が出せるのは美容クリニックで手に入れるしかありません。

美容専門医師、美容スタッフがしっかりサポートしてくれます。

ハイドロキノンとトレチノインを併用して使うことで

3~4か月で美肌を手に入れることが出来ます。

40代、50代の方は劇的に肌が変わりやすいです。

美容クリニックに勤めて実感しています。

 

正しい化粧品の選び方

40代は30代よりももっと潤いや保湿に力を入れて下さい。

肌に刺激を与えず、上質な美容成分をたっぷり肌の奥にまで浸透させる方法が、

40代のスキンケアには何よりも大切な事です。(#^^#)

 

40代に最適な化粧水(医療用)

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス

ビタミンC誘導体の化粧水はシミやシワ、毛穴の開き、たるみ、

美白などに効果のあります。

プラセンタエキスにも美白効果や保湿効果がありますので

40代の化粧水には最適です。

スポンサードリンク



40代に最適な美容液・乳液(市販)

40代の肌は化粧水で水分を補うだけでなく、油分もしっかり補って下さい。

保湿・美白・シワ・たるみなど、目的に合わせた成分を選んでください。

  • フラーレン
  • レチノール
  • プラセンタエキス
  • セラミド
  • ナイアシン
  • 油溶性ビタミンC誘導体
  • アルジレリン
  • コエンザイムQ10

美容液を選ぶ時に成分表に書かれていますので自分の悩みにあった

美容液を選んで下さい(*^^)v

 

●フラーレン

フラーレンはビタミンCの172倍といわれる抗酸化力で、

老化の原因となる活性酸素を無害化し肌の老化に働きかけます。

強い抗酸化力を持っていながら低刺激のため、

美容業界も注目している成分で、美容皮膚クリニックで使用されています。

医療用途向けに研究開発も行われています。

 

●レチノール

レチノールとは、ビタミンAの一種であり

肌のターンオーバーを促し、皮脂の過剰分泌の抑制し

ヒアルロン酸の生成を促進したり、コラーゲンを増やす働きがあります。

●プラセンタ

プラセンタとは哺乳動物の胎盤のことであり、

そこから栄養素を抽出したのがプラセンタエキスです

豚や馬の胎盤から抽出されるプラセンタエキスはシミのもとである

チロシナーゼを抑制するとともに、毛細血管の血流をよくして

肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進することで、

メラニンを含んだ古い角質がはがれ落ちるのを促します。

それにより、色素沈着してできてしまったシミやくすみなどを

改善する働きがあります。

 

●セラミド

細胞間脂質のひとつで、高い保湿効果を持ちます。

特に酵母を使って人間の皮膚内のセラミドに似せて作られた

「ヒト型セラミド」が良いです。

セラミド配合量を多いものを選んで下さい。

 

●ナイアシン

コラーゲンの合成を高め、肌にハリをもたらします。

ナイアシンはビタミンB3のことで、水溶性のビタミンの一種です。

肌への刺激が少なく済みます。肌のコラーゲンを増やしたり、肌にハリをもたらします。

 

●油溶性ビタミンC誘導体

高濃度での肌への刺激が少なく真皮まで浸透します。

ゆっくり浸透するので、表皮ではメラニンの生成を抑制し、

真皮ではコラーゲンの生成・新陳代謝を促進します。

水溶性に比べて即効性が無いですが(持続性がある分、吸収に時間がかかる)

水溶性よりも肌の深部で働きます。

 

●アルジレリン

低刺激性で肌への信頼性が高く、浸透力に優れています。

使い続けることでボトックスと同様の働きが期待でき、

ピンッとハリのある健やかな美肌へと導きます。

 

●コエンザイムQ10

紫外線によるダメージを抑制し細胞の酸化を防ぎ、肌の若々しさが維持され、

美白効果があります。

 

※ナイアシン・セラミド・ヒアルロン酸は美容液以外にサプリメントもあります。

サプリメントを継続して摂取することで、肌の内部で生産される

セラミドやヒアルロン酸の量が増え、肌の保湿力が高まり、美白効果があります。

コエンザイムQ10のサプリメントも良いですが血液内でうすまるので

ピンポイントで効果を効かせたいのでしたら美容液が良いです。

 

40代の肌は脂性肌の人も多い

40代の肌は乾燥する傾向にありますが、皮脂の分泌量が多い方もいます。

食事による皮脂の変化が見られます。

化粧くずれは、食事の内容に原因がある可能性があります。

カフェインを多く含むものやチョコレート、甘いもの、

スナック菓子、ラーメン、香辛料などは皮脂の分泌量を増やします。

 

美顔器を使ってみる

美容クリニックでのイオン導入効果にはかないませんが、

ホームケアで行う美顔器もかなり優れています。

美顔器を使った方法は、肌表面のケアはもちろん、

筋肉などの肌奥深くまでケアすることもできるので非常におすすめです。

美顔器の「イオン導入」機能によって、肌の奥深くまで美容成分を浸透させることが出来ます。

なんと浸透力は化粧水を手で塗るよりも何倍もの効果があります

さらに、「超音波振動」機能が備わっているものは、

皮膚の奥にある筋肉へアプローチすることができ、筋肉の力を取り戻すこともできます。

その為、表情筋を鍛えることができ、リフトアップ効果も期待できます(*^^)v

 

ナース美奈子のまとめ

クレンジング剤でゴシゴシ擦る、美容液で激しくマッサージするなどは

40代のスキンケア方法では最大のNGです。

正しい洗顔方法を行ったうえで

紫外線対策や乾燥対策を徹底すること 、加齢とともに減少してしまった

コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンを補うこと

シミを増やさないために美白ケアをすること

肌老化の原因となる糖質を取りすぎないこと、

ホルモンバランスを整えることなどを心がけてください。

4か月で美魔女と言われるほどの美肌になる医療用スキンケアと

40代の肌に必要な正しいスキンケアを是非参考にして頂いて

1日でも早く美肌を取り入れてください(#^^#)

 
最後まで読んで頂きありがとうございました(#^.^#)

 

スポンサードリンク




にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村


美容皮膚科ランキング

 

日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
良かったら応援してください(#^.^#)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

follow us in feedly

検索

コメントを残す

*