美白・しみ

ハイドロキノンの17倍の美白効果!敏感肌の人も使えるルミキシル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容皮膚科、美容クリニックではシミ治療の外用薬というと

昔からハイドロキノンが有名ですが、

最近では最強の美白剤なのに肌に優しいルミキシルが話題になってます。

ルミキシルはお肌全体の美白効果はもちろん、老人性のシミや肝斑、

そばかす、色素沈着など様々な種類のシミに効果があるため

最近では、美容クリニックにもルミキシルを取り扱っているクリニックが増えてきてます。

何故ハイドロキノンよりルミキシルが美白成分が高く

敏感肌にも使用することが出来るのか、本当にきれいになるのか

ルミキシルとハイドロキノンの違いなどを解説していますので参考にして下さい。

 

 
スポンサードリンク



ルミキシルとは

ルミキシルは米国スタンフォード大学の皮膚研究者によって

開発された新しい美白成分「Lumixylペプチド」を配合した美白クリームです。

ルミキシルの成分「Lumixylペプチド」は、シミの元である

皮膚のメラニン生成を引き起こす酵素であり

チロシナーゼを86%も抑えることが研究で確認されました。

同量のハイドロキノンと比べると17倍もチロシナーゼ

阻害していることになります。

 

チロシナーゼとは

シミの原因となるメラニンを作り出す酵素のことです。

皮膚に紫外線が当たると、皮膚の表面で活性酵素が生まれます。

活性酵素は色素細胞であるメラノサイトを刺激し、チロシナーゼの生産を活性化させます。

チロシナーゼがメラノサイトの中のチロシンと結合して黒色メラニンを生産します。

つまり、メラニンの生成にチロシナーゼは必須というわけです。

チロシナーゼは皮膚のメラニン生成に関与する酵素のこと

ルミキシルペプチドはチロシナーゼ(皮膚のメラニン生成に関与する酵素)を

阻害して皮膚を脱色します。

 

メラニン抑制効果

Lumixylペプチドは10種類の天然由来のアミノ酸からなるタンパク質なので、

肌に安心してつかうことができます。

ハイドロキノンと比較した場合、

メラニン抑制効果ではハイドロキノンが6%しか抑制できていないのに対し、

Lumixylペプチドは40%もの抑制することが確認されています。

 

敏感肌の人にも使用できる低刺激性

美白剤の代表として挙げられる「ハイドロキノン」や「トレチノイン」などは、

人によってアレルギーを起こすこともあり、

敏感肌の方には使用出来ないことがありましたが

「ルミキシル」は、天然由来のタンパク質がしみの元となる

メラニン生成を抑制するので、肌へのダメージを気にすることなく

透明感のあるお肌に近づけることができます。

 

※敏感肌の人でも必ず使えるというものでもなく、中には合わない人もいます。

かなり敏感肌の酷い人はルミキシルの「トラベルセット」があるので、

試してから使うほうがいいと思います。

 

非毒性

 

ハイドロキノンがメラニン細胞を壊死させ強制的にシミ排泄を促進するので、

肌への刺激や細胞毒性が強く、長期使用が難しいのに対して、「ルミキシル」

は天然由来のアミノ酸からなるタンパク質「Lumixylペプチド」で、

細胞を壊死させることなくメラニン生成を抑制しシミ排泄を促進するため、

肌へのダメージがない非毒性であり、長期的に使用できます。

 

こんな症状に効果があります。

 

● 紫外線や加齢によるシミ

● そばかす(雀斑)

● くすみ・色ムラ

● 肝斑(かんぱん:顔の左右対称に広がる広範囲のシミ)

● にきび跡の色素沈着

● 炎症後の色素沈着

 

ルミキシルの特徴

 

 

● エモリエント効果

ルミキシルには、皮膚に潤いと柔軟性、

栄養分を保たせる効果(エモリエント効果)があります。

使用した後に肌がガサガサするようなことがありません。

 

● 全ての肌質の方へ

ルミキシルは他の美白製品とは異なり、

刺激性アレルギー反応を誘発しないことが確認されています。

天然アミノ酸を中心に構成されており刺激が少ないため、

敏感肌の方でも使用することができます。

 

● 使い心地の良さ

美白目的で使用される多くの医療用クリームが、

使用時にヒリヒリ感や不快な香りを伴うことがあります。

ルミキシルは滑らかな質感で、伸びが良く、毎日使用することが出来て

ほぼ無臭です。

 

● 長期に利用しても安全

多くの美白製品の場合、長期間使用することで赤みが出たり

ヒリヒリすることがあり、長期間の使用が出来ないことがあります。

ルミキシルは、長期間の使用も可能です。

長く使うことで、くすみや黒ずみの改善の他、

肌の透明感や肌の輝き(ブライトニング)も増してきます。

 

ハイドロキノンとルミキシルの違い

ハイドロキノン(重度のシミに有効)

●シミの原因であるメラニン色素の産生を抑えるだけでなく、

メラノサイトそのものを減少させる。

 

●肌の漂白剤と呼ばれ、既にあるシミ(老人性色素斑、肝斑、色素沈着など)に有効。

ハイドロキノンは、既に蓄積されたメラニンも還元して除去する作用がある。

この点ではルミキシルよりハイドロキノンの方が圧倒的に上。

つまり、既に出来てしまっているシミには、ルミキシルだけ塗っていても

あまり効果を期待できない。

 

●シミを根本的に消してしまうには、ハイドロキノン&トレチノイン療法のほうが効果的。

 

●グリシルグリシンやビタミンCのローションの効果も得たい場合は、

ハイドロキノンがよい。

ルミキシル(ルミキシルブライトニングクリーム)は、

洗顔後なにも付けない肌へ塗らなければ効果を発揮できない。

 

●ハイドロキノンは熱・酸素・光に対して安定性が低く、

安定した働きが得られない。

分解されたり酸化やしやすく毒性の物質に変化しやすい。

シミに対する効果も開封後はだんだんと低下します。

開封したら冷蔵庫へ密封して入れ、

ハイドロキノンは開封したら冷蔵庫で保存し3ヶ月(ものによっては1ヶ月)

くらいで使い切る必要があります。

冷凍すると半年は持つので、購入したらストック分は冷凍庫へ入れると良いです。

 

●ハイドロキノンは色素細胞に対する毒性が強く

長期に使うと白く色抜け(白斑)することがあるので

3カ月以上の長期使用ができません。

 

●ハイドロキノンはコストが安い。

美容クリニックでは安くて10g3000円前後位で買えるところが多いです。

5gなら約半分値段です。ネットならもっと安いです(#^.^#)

 

ルミキシル(軽度~中等度のシミに有効)

●天然由来のアミノ酸からできるタンパク質から構成され、

シミの原因となるメラニンの生成の元「チロシナーゼ」を抑制、阻害する。

シミ(老人性色素斑、肝斑、色素沈着など)を予防に有効。

ハイドロキノンの17倍のメラニン抑制作用があると言われている。

 

●ルミキシルを塗って10分程して浸透した後なら

ローションを付けてもよいが、ローションの成分の浸透力が弱まってしまう。

 

●ルミキシルはずっと使い続けても問題ないので、長期使用に向いている。

●ハイドロキノンは紫外線にあたると、お肌の上で毒性の物質へと変化してしまう。

※最近のハイドロキノンは色々改良されて安定性があるものもあります。

日焼け止め・徹底したUVケアが欠かせない。

ルミキシルは、酸化しにくいので紫外線の害をあまり受けない。

 

●ルミキシルは酸化しにくい性質なので、冷蔵庫にいれておくだけでもかなり長持ちします。

 

●ルミキシルはコストが高いです

ルミキシルブライトニングクリームは、30mlで8,000円前後

 

ルミキシルは下記で購入可能

●美容皮膚科クリニック(美容皮膚科・ルミキシルで検索)

●Amazon

●楽天

【日本正規代理店・エンブレム付き正規品】ルミキシル クリーム 30ml

価格:8,499円
(2018/4/28 15:13時点)
感想(107件)

●ルミキシル オランダ屋

最安値 オランダ屋が一番安いかな

 

ルミキシルシリーズ

 

ルミキシルのグリコピールローションや

ブライトニングクリームなど併用して使うことで、

すでに出来てしまったシミやそばかすにも効果的ではありますが、

ハイドロキノンの効果には勝てません。

またグリコピールローションはピーリング効果がありますが、

トレチノインハイドロキノン療法の効果には到底及びません

 

トレチノイン・ハイドロキノンの治療

無理やりターンオーバーを速めるために

治療初期には肌が炎症を起こすような赤みだ出て、顔が腫れたような感覚

肌の古い角質がポロポロと剥がれ落ちてきますので、

極度の乾燥状態になり保ます。

赤みを帯びているときに紫外線などの外部からの刺激を受けると

色素沈着してしまうので、治療中は最新の注意が必要になります。

メイクは出来ますが、皮膚がポロポロ剥がれている時はメイクがのりません、

やはり仕事をしている人にとっては、

ルミキシルシリーズを使用して肌に負担をあまりかけずに、

徐々にシミを薄くしていく方法がベストだと思います。

ターンオーバーを2週間にするトレチノインの正しい使い方

ハイドロキノンの正しい使い方/美容ナースが解説

トレチノイン・ハイドロキノンの使い方は上記で詳しく書いてます参考にして下さい(#^^#)

 

レーザーで早く取りたい

シミ・肝斑はレーザー治療で手っ取り早くとってしまいたい

と思う方は、今では、肝斑にはピコレーザー、

普通のシミには1回で取れるレーザーがあります。

レーザー治療もただ単にレーザーを当てるだけではなく、

スキンケアコスメなどの外用を併用した方がシミを消す効果、

美白効果はかなり上がります。

ついに、諦めていた肝斑が治せる最新治療/ピコレーザートーニング

顔に出来たしみは1回で取れる/美白

レーザーに関しては上記で詳しく書いてますので参考にして下さい(#^^#)

 

ナース美奈子のまとめ

 

一般の敏感肌の人は美白成分を使用すると、

アレルギー反応が強く出てしまい、諦めていた方も多いですが、

美容皮膚科クリニックでは、敏感肌の人に対して美白クリームを使用する場合

肌状態、肌質を見ながら効果を出すのに

肌質を改善しながら、慎重に使ったりしています。

ルミキシルシリーズは肌に優しく、ゆっくりと美白にしていきますので、

敏感肌の方でも使える美白クリームとしてかなり良い商品なので、

美容クリニックも取り扱っている所も増えてきてます。

但し、重度のシミ、重度の肝斑には向きません。

かなり気長に使い続けると薄くはなりますが・・・

早く綺麗になりたい人で普通肌の人は、

トレチノインとハイドロキノンの併用が一番早いです。

でも肌がボロボロになる(皮向けが激しい)のは嫌、

綺麗になるのが遅すぎるのも嫌、

少しだけゆっくりで良いので綺麗になりたいと言う人にとっては

ルミキシルを使いながらハイドロキノン、トレチノインの使用の仕方、

などを美容皮膚科クリニックでは説明してくれます。

綺麗になってからのその後のメンテナンスでのルミキシルは

凄くいいです。いつまでも美しいままで過ごせると思います。

油断して、日焼け止めもせず、お手入れもしない、不摂生な生活を繰り返すと

いくら綺麗になっても、シミはまた出来てしまいます。

ルミキシルが人気なのは肌に低刺激というだけではなく美白効果も抜群なので

敏感肌の人で美白になりたい方はオススメです。

 

 最後まで読んで頂きありがとうございました(#^.^#)

 

スポンサードリンク




にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村


美容皮膚科ランキング

 

日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
良かったら応援してください(#^.^#)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

follow us in feedly

検索

コメント

コメントを残す

*