アンチエイジング

まつ毛を伸ばす美容医薬品(まつげ育毛剤)とマッサージ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まつ毛って女性にとっても男性にとっても

長くてボリュームがあれば顔の印象はかなり変わってきます。

特に女性はエクステしたりつけまつげをつけたり、

長くてキレイなまつげには誰だって憧れます。

まつ毛が伸びる美容液など沢山出ていますが、

本当に自分のまつげが長く伸びてふさふさになったら

嬉しいですよね(#^.^#)

一般の薬局、ドラックストアなどで売っていない

まつげが伸びる「美容医薬品」まつ毛育毛剤を説明します。

まつげの基礎知識から、まつげに良い事、

マッサージ方法など全て簡単にまとめてみました。

まつげを伸ばしたい、ボリュームが欲しい方参考にして下さい(#^.^#)

 

スポンサードリンク



まつ毛の毛周期

成長期→退行期→休止期 の繰り返しがまつ毛の毛周期となります

まつげの毛周期は30日〜3ヶ月ほどでサイクルが繰り返されていると言われています。

まつげは一気に全てが抜けて生まれ変わるのではなく、

毎日数本ずつ自然に抜けて新しいまつげが生えるのを繰り返し行われています。

 

●日本人のまつげの平均の数
・平均的な長さ:6.8mm
・上まつげの本数(片目):120本前後
・下まつげの本数(片目):40本前後

●欧米人の平均の数
・平均的な長さ:8.1mm
・上まつげの本数(片目):160本前後
・下まつげの本数(片目):60本前後

日本人のまつげの1日の成長速度…0.1~0.18mm程度
欧米人のまつげの1日の成長速度…0.2~0.36mm程度

※見た目で上まつげの少ない人は片目50本、

上まつ毛が多いなと思える人は大体片目で100本ぐらい

 

 

まつげの必要性

まつげがないと目の中に異物やほこりが入りやすくなります。

まつげの本来の能力は、

まつげにゴミや虫が触れた瞬間に反射的にまぶたを閉じて、

目の中に異物が入るのを防ぐことです。

まつげは目を守るために備わった必要な部分なのです。

 

まつ毛が伸びてボリュームを出すには

即効性はマスカラやエクステ、つけまつげなどがあげられますが、

これは一時的なものなので、メイクを落とせば元の少ない状態に戻ります。

エクステは長持ちしますので、即時性と持続性の

両方が手に入りますが、

自分のまつげが伸びてボリュームが出てふさふさになりたいと

思っているの方が殆どだと思います

お金をかけるのならまず、自分のまつ毛を伸ばす方法をお勧めします。

 

まつげを伸ばす美容医薬品(まつげ育毛剤)

 

以前はラティースという名前で販売されていた薬剤が

厚生労働省からの認可を受け、

名称のリニューアルとともにまつ毛貧毛症治療薬として

発売を開始したのがグラッシュビスタです。

グラッシュビスタは、従来緑内障を治療するための

点眼薬として処方されていたビマトプロストが持っている、

まつ毛成長作用に着目してアメリカで開発された医薬品です

(現在出回っているのは国内製品です)

 

ルミガン緑内障の治療用に使われている点眼薬そのものを指します

ビマトプロスト0.03%という成分規格や使用方法はグラッシュビスタと同様です。

まつ毛貧毛症治療薬として開発されたグラッシュビスタと違ってあくまで

ルミガンは「緑内障の治療に用いる薬」なので、

緑内障と診断されてルミガンが処方される場合には保険適用となります

ルミガンはまつ毛貧毛症治療薬としては処方してくれません。

以前は美容クリニックや皮膚科などで購入すると

1本あたり1万円前後だったのが値段もかなり下がっています。

現在では個人輸入で購入するのと変わらない位の値段で

クリニックで購入できる様になっています(#^.^#)

 

個人輸入などで購入すると1本あたり

3,000円前後から入手することができます。

緑内障用に処方されるのは日本製の2.5ml容量のもの、

美容クリニックや個人輸入で扱われるのは

アメリカ製の3ml容量のものであることがほとんどで

現在日本で手に入るルミガンはこの2タイプのみ

 

ルミガンと同成分のジェネリック品

 

インドの製薬会社が製造する

●ケアプロスト

●ビマトアイドロップス

●ガンフォート

などという製品もありますが

安価であるという理由で話題を集めていましたが、

ルミガン自体が値下がりしたために、以前より価格の差は少ししかないです。

 

グラッシュビスタとルミガンの違い

● グラッシュビスタ

有効成分 ビマトプロスト 0.03%
内容量  5ml(約70日分)
適応   まつ毛貧毛症
まつ毛貧毛症に対する医薬品副作用被害救済制度 あり
専用ブラシ(アプリケータ―) あり (140本入り)

入手方法 医師の処方

価格 2万円~(ピンキリ)

※グラッシュビスタはまつ毛貧毛症の適応

万が一副作用などが起きた際には

「医薬品副作用被害救済制度及び製造物責任法」

という制度によって救済給付が受けられます。

 

● ルミガン

有効成分 ビマトプロスト 0.03%
内容量  2.5ml・3ml(約50-60日分)
適応   緑内障・高眼圧症
まつ毛貧毛症に対する医薬品副作用被害救済制度 なし
専用ブラシ(アプリケータ―) なし

入手方法 美容外科、美容クリニック、美容皮膚科 個人輸入

価格 3000円~ 個人輸入3000円前後

 

 

使用方法としては

メイクを落とし、コンタクトレンズを外した状態で

1日1回上まつ毛の生え際へ塗布します。

ルミガンは付属品が付いていないので極細の綿棒で優しく

まつ毛の生え際を塗布してください(#^.^#)

普通の綿棒だと塗る範囲が広すぎるので

まつ毛が変なところから生えてくる可能性があります。Σ(゚Д゚)

下まぶたは皮膚が薄く色素沈着を起こす可能性があるため、

下まつ毛には使用しないようにして下さい。

点眼は絶対しないでください

効果は通常使用後2か月から効果を実感し始め、

4か月で最大効果を実感できるといわれています。

 

 

まつげは毎日の生活習慣が大切

まつげは、成長期の間に8mmくらいまで伸びるといわれています。

生活環境などによって、成長期にあるまつげにダメージを与えてしまい、

本来予定していた長さまで伸びきらない時もあります。

もともとの長さを変えることはできなくても、

最大まで長くするには目元に優しい生活を送ることが大切

ダメージを受けると、せっかく生えてきた毛が抜けやすくなってしまいます。

健康な状態だと1本1本にハリやコシがありますが、

毛に弾力がないといっそう抜けやすくなってしまいます。

 

まつ毛に良い食事

まつ毛の主な成分はケラチンというタンパク質です

まつ毛の発毛を促進させるためには、良質なたんぱく質を

しっかりと摂取することが大切です

乳製品
大豆製品(納豆など)
鶏のササミ

他ビタミンE、ビオチン(ビタミンHやビタミンB7とも呼ばれています。)

亜鉛、ポリアミン、メチオニンなどになります。

ビタミンEは身体の若々しさを保つことに効果を発揮し、

ビオチンは毛の成長に効果があります。

大豆に含まれている『イソフラボン』には女性のまつ毛や肌、

髪の毛の健康を守るための女性ホルモンに似た効果がありますので

是非女性の方には普段の食生活に大豆製品を取り入れる事がお勧め

 

 

タンパク質の必要量が大幅に下回ると・・・

 

・爪がもろくなる

・抜け毛が多くなる

・お肌のツヤやハリが無くなる

・体内に水が溜まりむくみやすくなる

・貧血

・免疫力低下

・疲れやすさ

タンパク質は髪の毛だけでなく身体にとって大切なので

良質なタンパク質の摂取して下さいね(#^.^#)

まつげに必要な栄養素をたっぷり含んだサプリメントも販売されています。

育毛に効果的な栄養素の必要量を食事だけで摂取するのはちょっと大変と思う方は、

サプリメントで摂りいれるという方法も検討してみても良いかも

 

まつげには質の良い睡眠

ゴールデンタイムと呼ばれている22時~2時の間に

熟睡の時間が来る様に計画をして生活すると良いです。

この時間帯には成長ホルモンが分泌されますので

質の良い睡眠を取ることでしっかりと

まつ毛に栄養が行き渡って伸びやすくなります

さらに就寝前に軽くストレッチをすることで

日中疲れた肉体の緊張をほぐしてくれます。

リラックス効果があることで副交換神経の効果を高めて

質の良い睡眠ができる様になります。

※お風呂に入る時には湯船の温度は

38度~40度程度のぬるま湯に浸かると良い

入るタイミングは就寝する1時間半前にすると

良い形で睡魔を促すことができるのでお勧め

 

ストレスを蓄積させない

ストレスは、自律神経を乱す原因の一つです。

ストレスによって免疫力が低下してしまい、

口唇ヘルペスや風邪やインフルエンザにかかりやすくなるだけではなく、

生理が止まってしまうこともあります。

ストレスは、まつ毛にも悪影響を及ぼします。

ストレスによって自律神経が乱れると

体毛の成長を促すという働きが難しくなってしまいます。

体毛の中には、まつ毛も含まれますから

自律神経のバランスを保つようにストレスを蓄積させないことが重要

まつ毛にダメなこと

目元やまつ毛をゴシゴシと擦ってしまいますと

まつ毛の成長を妨げる動作になっております。

普段何気なく行なっている様であれば

癖になっている場合もありますので、

ご自分の洗顔方法をもう一度見直してみてください。

まつ毛にダメなことは沢山在りますが

目に負担をかけない事、毎日のケア、食事、ストレスをためない

ここから始めてください。

まつげが伸びてきふさふさになってきている状態で

普段の習慣がまつげを抜け落ちてしまうことがあります。

まつ毛は同じ顔でも短いまつげと長くボリュームがあるまつげは

顔がかなり変わってきます。

 

リンパマッサージ

 

①眉毛の下を押す

目の周りにも他の皮膚と同様にリンパが流れていますので

リンパマッサージを行うことでまつ毛の増やすしたり

成長を促進させることができます。

目の周りの皮膚は他の部位とは違って

皮膚が弱いですので力を入れすぎない様に

親指の腹を眉頭の下にある骨の部分に当てて押していきます。

そして骨に沿って親指を指で押しながら

眉頭から眉尻の方に移動して行きます。

これを3回ほど繰り返して行きます。

強く押さずに、優しく丁寧に行って下さい

 

②目の下側を押す

目の下側を押していきます

目の真下(目頭の真下)から始め

外側へ向かって移動してマッサージしていきます

3回ほど繰り返して行きます。

皮膚が薄くデリケートな部分なので、摩擦を与えないように注意

 

③こめかみを押す

こめかみの部分は、人差し指と中指の二本を使って

こめかみ周囲をマッサージをする。

 

④首筋を押す

耳の後ろの凹んだところに人差し指と中指を置き

首筋を鎖骨に向かってリンパが流れる様に上から下に向かって

マッサージをします。(下から上にはしないで下さい)

強く押さずに、優しく丁寧に行って下さい

 

⑤鎖骨を押す

人差し指と中指を使って鎖骨の下(身体の中心から)

内側から外側に向かってマッサージ

強く押さずに、優しく丁寧に

リンパ液が流れるイメージで行って下さい

最後は脇の下に流れる様に指を持っていきます。

 

※マッサージをする前に

ホットアイマスクやホットタオルなどで温めて

摩擦や刺激が強すぎないように

マッサージクリームを使用し優しく丁寧に

マッサージするとより効果的です

 

ナース美奈子からまとめ

医療用のまつげ美容液だけを使用しても効果は高いです。

まつげ美容液を使用しなくても生活習慣を変えるだけでも

まつげには良いです。

生活習慣が良く無ければ折角まつげ美容液を使用しても

最大の効果は得られないとおもいますので

まつげ美容液を使いながら生活習慣を見直してみて下さい

誰もがうらやむ美しいまつげを手に入れてください(*^^)v

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(#^.^#)
スポンサードリンク



にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村


美容皮膚科ランキング

 

日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
良かったら応援してください(#^.^#)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
follow us in feedly

検索

コメントを残す

*