ニキビ

思春期ニキビから大人ニキビまで症状にあった治療方法教えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビって1つでも出来ると憂鬱ですよね。

美容皮膚科には女性も男性もニキビで来られる方が沢山います。

ニキビには色々種類があり

人それぞれニキビは違います。

思春期ニキビから大人ニキビまで

症状も軽度のニキビから重度のニキビまで様々なニキビがあります。

今回は症状に合ったニキビを治す方法を説明しまーす。

スポンサードリンク



思春期ニキビと大人ニキビの違い

 

思春期ニキビ

●思春期ニキビとは、10代の人にできるニキビのこと。

●こめかみや額から鼻にかけての

Tゾーン(額から鼻にかけてT字に形どられた部分)に出来やすいです。

●思春期ニキビは、第二次成長期(13才から18歳)

ホルモンの分泌が盛んになり

過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさいでしまうことが主な原因

第二次成長期が落ち着くとニキビも次第に落ち着いてきます

 

大人ニキビ

●20代以降に出来るニキビのこと

●顎(アゴ)やフェイスラインといった部分にできるのが大人ニキビの特徴。

●大人ニキビは、化粧品やメイクによる毛穴の詰まりなど

皮脂の過剰分泌だけではなく新陳代謝(ターンオーバー)の

リズムが崩れ、ぶ厚くなった角質層がうまくはがれずに、

毛穴をふさいでしまうことが最も大きな原因

●ストレスや睡眠不足、生活習慣などが大きくかかわっているため

大人ニキビは多くの場合なかなか治らず繰り返します。

 

ニキビの症状は5段階

 

ニキビの初期段階は白ニキビから始まり

ケアを怠って黒ニキビへと悪化し、さらに赤ニキビ

黄色ニキビ、ニキビ跡になっていくと治りにくくなります。

 

白ニキビ

白ニキビは閉鎖面皰(へいさめんぽう)とも呼ばれ、

ニキビの初期段階です。

毛穴の中に皮脂が溜まって毛穴がふさがり、

皮膚が盛り上がった状態の事をいいます。

色は白っぽく約1〜3mmぐらいです。

 

黒ニキビ

白ニキビの状態から、毛穴に詰まった皮脂に空気が触れることで

角栓が酸化し、黒ニキビになります。

この酸化した黒ニキビは毛穴の周りを黒ずませて「黒ずみ」となります

 

赤ニキビ

白ニキビや黒ニキビが更に悪化し

毛穴につまった汚れや皮脂によりアクネ菌が増殖し

炎症を起こしている状態です。

組織を傷めてしまい、ニキビ跡や色素沈着の原因にもなります。

 

黄ニキビ

赤ニキビの炎症がさらに強くなると、膿を持った状態になります。

この段階は、ニキビが治った後も、

赤ニキビよりさらに色素沈着を起こしたり、

ニキビ跡(クレーター)が残ったりする可能性が高くなります

 

ニキビ跡

ニキビが治ったあと肌に出来た炎症、傷、クレータ―(凹)

または色素沈着になっている肌の状態のことです。

 

 

思春期ニキビの治療

 

白ニキビ、黒ニキビ

中学生、高校生は皮脂量・水分量ともに多い肌です。
肌周期(ターンオーバー)も衰えていない状態(*^^)v

正しいスキンケアで白ニキビ、黒ニキビは治ります。

ピーリング石鹸(マイルド)を使うことで

古い角質を取り除き、ニキビが排出されます。

肌の状態をキレイに保つことで

ニキビが治っていきます。

(※何故ピーリング石鹸が良いのか

頑固な毛穴の黒ずみの除去方法書いてますので参考にして下さい)

※ピーリング石鹸使用後は保湿をしてね(#^.^#)

 

洗顔料の見直し(間違った洗顔料)

 

良くCMなどでニキビケアの洗顔料が色々ありますが

スクラブ入りの洗顔料や市販のニキビケア専用洗顔料は

思春期ニキビには辞めた方が良いですよ

毛穴に汚れ・皮脂が詰まっているだけの状態なので

スクラブ入りの洗顔料や市販のニキビケア専用洗顔料は

合成界面活性剤という成分が配合されていることが多く

洗浄力が強い反面、肌を乾燥させたり、

逆に肌を傷つけ、ニキビを悪化させてしまう可能性があります。

※洗顔料選びは一番大事です。

ニキビには欠かせない洗顔料は

ピーリング石鹸(マイルド)がおすすめです。

 

思春期ニキビの治療

 

赤ニキビ、黄ニキビ

黄ニキビ、赤ニキビなど、炎症性のニキビがある場合には、

炎症を抑えるために抗生剤を服用し、

皮脂の分泌をコントロールするための治療が行われます。

皮脂分泌のコントロールには、

ビタミン剤や男性ホルモンを抑える薬の服用や、

ケミカルピーリング、外用薬を使用するなどの

対症療法をしたりましす。

ここまでは普通の皮膚科での治療(*^^)v

 

美容皮膚科、美容整形では

治りにくいニキビの治療をしています。

色々な施術があるので安心してください。

 

大人ニキビの治療

大人ニキビは思春期のニキビと違い

肌の新陳代謝が衰え正常な肌周期(ターンオーバー)が

出来なくなってきているので自分でニキビを治すのは難しいです。

美容皮膚科の力を借りるのがとっても早いです。

 

美容皮膚科での治療

 

●白ニキビ、黒ニキビの治療(毛穴に詰まった皮脂、角質)

 

角質や皮脂で毛穴が詰まって表面がふさがってしまっている状態なので

大人ニキビの人は思春期に比べると肌周期が遅くなってきてるので

早く治療しないと悪化していくのも早いです。

ピーリング石鹸の洗顔で白ニキビ、黒ニキビが改善しない場合

詰まっている角質や皮脂を外に排出しなければいけません。

 

①面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)

美容皮膚科では白ニキビに小さな穴を開け、

中に詰まっている皮脂や古い角質を、面皰圧出器という専用の

器具を使って白ニキビを押し出します。

②フルーツ酸を使ったケミカルピーリングを使った治療

フルーツ酸を含んだ薬剤を皮膚に塗布し、

余分な角質や毛穴の詰まりを除去または取り除きやすくします。

③トレチノインを使った治療

トレチノインとは、ビタミンAの誘導体

●ピーリング作用

●ターンオーバーの促進

●皮脂分泌の抑制

ターンオーバーを2週間にするトレチノインの正しい使い方

を参考にして下さい

 

赤ニキビの治療(アクネ菌が増殖、炎症を抑える)

●炭酸ガスレーザー

●エルビウム・ヤグレーザー

●フォトフェイシャル

●フォトフェイシャルアクネス

などが用いられます。

 

ニキビ跡の治療

●フォトRF(ニキビ跡の赤み)

ニキビ跡の赤みは、炎症が治まれば時間の経過とともに

改善されますが、真皮層までダメージが及んだことで、

毛細血管が広がってしまった場合は、

しばらく経過しても血液中の赤い色素(ヘモグロビン)

が肌表面から透けて赤みが残ったように見えます

この赤みを消してくれます(#^.^#)

 

●フラクセル(ニキビ跡の凹凸)

微細な点状にレーザーを照射し

意図的に皮膚内にダメージを与えることで

肌再生を促す治療ヾ(*´∀`*)ノ

3種類の照射方法があり、ニキビ跡の症状や深さに合わせて

幅広く治療ができます。

にきび跡の凹凸やくすみを改善しますが

毛穴引きしめ、しわ・たるみ改善、肌の若返りなどの効果もあります。

 

●アンコア(ブリッジセラピー)(ニキビ跡の深い層まで届く)

微細な点状にCO2(炭酸ガス)レーザーを照射し、

皮膚自体を蒸散させることで肌再生を促す治療です。

他のレーザーに比べてエネルギーの深達度が高く、

フラクセルよりも深い層まで作用します。

 

※まだまだニキビ治療の機器はあります。

美容皮膚科でニキビ治療に力を入れているクリニックは

沢山ありますので安心してくださいヾ(*´∀`*)ノ

 

ニキビの原因は他にもある

 

●バランスの悪い食事

(動物性脂肪、糖質の摂り過ぎ、ビタミン類の不足)

●睡眠不足

●運動不足

●ストレス(過度の緊張、疲労)

●ホルモンバランスの乱れ

(成長ホルモン男性ホルモン黄体ホルモン)

●間違ったスキンケア

●紫外線

 

一度、生活習慣の見直しをして下さい(#^.^#)

 

 

ニキビの人の洗顔の仕方

●メイクをしてたらクレンジングをして下さい

●洗顔前は蒸しタオルやお風呂で顔を温める。

●洗顔は毛穴を広げ、汚れを緩める必要があるので、必ずぬるま湯で行う。

●ピーリング石鹸の力をかりて、必ず指をつかって強くこすら無いようにする。

●ニキビのある所をやさしくマッサージすることで汚れを落とす。

●洗い流すときもやさしく流すこと。

●タオルはこすらず押さえ拭き

ビタミンC誘導体のローションを使って15分コットンパック

※思春期の方の白ニキビ、黒ニキビはローションパックは飛ばしても良いですよ

●コットンパック後保湿をして下さい。

(保湿は思春期の方はやや控えめに、大人ニキビはしっかりと)

●1日2回以上の洗顔はしない

 

ナース美奈子から一言

思春期のニキビと大人ニキビは治療法が少し変わります。

ニキビは出来かけた時点で悪化させないように

自分で出来るケア(洗顔)をすることが大事。

男性も女性も

思春期のニキビも大人ニキビも

ニキビが出来てしまうと

鏡を見るのが辛いし憂鬱な気分になる(´_`。)グスン

中々ニキビ「大好き」「ニキビ最高」はいないと思います。

年を取るとニキビは出来なくなるのですが

そんなもの待っていられないと思います。

ニキビがひどくなって悪化している人、

ニキビ治療を何をやってもだめだった人

もう一度ピーリング石鹸の洗顔から試して見て下さい。

ビタミンC誘導体を使ってのパック

それでもだめなら

トレチノイン治療をして見て下さい。

もちろん顔全体は辞めてね(*^^)v

一部分のニキビから試してください。

良くなってきたら違うニキビの部分を試して

保湿は必ずして下さい

ニキビ跡はダーマーローラーもあります

ここまではホームケアで治せるので

お金は少しだけかかります。

 

ニキビ跡のヒドイ場合はお金がかかるけど

美容皮膚科に行っての治療をお勧めします。

ニキビのない美肌になりますよ(*^^)v

 

 最後まで読んで頂きありがとうございました(#^.^#)
スポンサードリンク



 

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村

 


美容皮膚科ランキング

日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
良かったら応援してください(#^.^#)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
follow us in feedly

検索

コメント

コメントを残す

*